前頭側頭型認知症の症状

前頭側頭型認知症の症状について

前頭側頭型認知症というと、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などに比べて、聞きなれないという方が多いと思います。

 

前頭側頭型認知症とは、64歳以下で発症するケースが多く、脳の「前頭葉」と「側頭葉」という部分の萎縮から症状が始まります。

 

ピック病と呼ばれることもあるのですが、前頭側頭型認知症は「ピック病」と同分類の病気とお考えください。

 

前頭側頭型認知症の症状は、「引きこもり」や「うつ状態」から始まることもあると言われています。

 

ここでは、そんな前頭側頭型認知症の症状や対処法についてご説明します。

前頭側頭型認知症の症状記事一覧

前頭側頭型認知症の特徴

前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症の特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?社会のシステムや人間関係が複雑になっているためか、「引きこもり」の人が増えているようです。これが前頭側頭型認知症の特徴に影響します。引きこもりは、若者だけの問題ではありません。中高年での引きこもりも見られ、長期化し...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の初期症状は意外なことから発覚?

前頭側頭型認知症の初期には、どのような症状が現れるのでしょうか?実は、前頭側頭型認知症は、初期の症状が驚くようなことから発症することがあります。たとえば・・・「万引きは犯罪です」雑貨店や書店で、こんな張り紙やポスターを目にしますね。中高生は遊び感覚で万引きをすることもあるようで、困ったものです。では...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の対応のしかた

前頭側頭型認知症の人への対応のしかたについて迷う方は多いようです。前頭側頭型認知症かどうかはさて置き、中高年の人の万引きが、ニュースなどで取り上げられますね。万引きする品物は、味噌や惣菜といった食品や生活用品が多いようですが、その対応については、さまざまです。背景には、リストラなどの経済的問題や、孤...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の寿命は?

前頭側頭型認知症の寿命について気になる方も多い事と思います。ただ、もしかすると寿命云々の前に「前頭側頭型認知症」という病名を、聞きなれないという方は多いのではないでしょうか?ピック病というほうが、少しは知られているかもしれませんね。ピック病と前頭側頭型認知症は、同系列の病気です。どちらも病気の成り立...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の末期

前頭側頭型認知症にも末期と呼ばれる状態があります。前頭側頭型認知症は、反社会的行為やマナー違反から発覚することの多い認知症です。64歳以下の若年性認知症の中では、アルツハイマー型認知症に次いで多い病気とされます。ある医師は、「40歳以上で万引きをした人の20%程度に、ピック病(前頭側頭型認知症に含ま...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症は遺伝するか?

前頭側頭型認知症の原因として遺伝があると言う話がありますが、本当でしょうか?前頭側頭型認知症は、日本でも世界でもそれほど多くの症例があるわけではありません。しかし、自分の親がどちらかが、この前頭側頭型認知症になっていたら遺伝は心配ですよね?もしかすると、自分も親の年齢ぐらいになったら発症しないかと不...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症とアルツハイマー型認知症の違い

前頭側頭型認知症とアルツハイマー型認知症の違いはなに?という方がけっこういらっしゃるようです。まず、物忘れといえば認知症、認知症といえばアルツハイマー型認知症と考える方は多いのではないでしょうか?前頭側頭型認知症は「物忘れ」の起こりにくい認知症というのが、アルツハイマー型認知症との一番の違いと言える...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の好発年齢

前頭側頭型認知症は、高齢者よりも65歳未満が好発年齢となる認知症です。好発年齢というのは、その病気が発症しやすい年齢ということになります。高齢になるほど発症率が高くなる、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症とは対照的です。今回は、前頭側頭型認知症の「好発年齢」についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の介護方法は難しい?

前頭側頭型認知症は、アルツハイマー型認知症などと違って「物忘れ」が起こりにくい認知症です。実は、前頭側頭型認知症は、介護方法が難しい認知症ともいわれます。それは、前頭側頭型認知症の症状が、とても多彩であることも一因なのかもしれません。今回は、前頭側頭型認知症の「介護方法」についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の禁忌

前頭側頭型認知症の「禁忌」についてご存知の方はいらっしゃいますか?前頭側頭型認知症は、物忘れが目立たないために発見が遅れがちな認知症です。実は、前頭側頭型認知症について知らない医師もまだ多く、禁忌の薬を処方をされる場合もあります。家族や介護者は、前頭側頭型認知症の禁忌を知り介護する必要があります。今...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の口唇傾向とは?

前頭側頭型認知症には「口唇傾向」という症状があります。ただ「口唇傾向」という言葉を、聞きなれない方も多いのではないでしょうか?かんたんに言うと、前頭側頭型認知症の口唇傾向の症状は、「過食」や「手にしたものを口に入れてしまう」ことです。今回は、前頭側頭型認知症の口唇傾向についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症とうつ病は間違われやすい?

前頭側頭型認知症には、うつ病と間違われやすい症状があります。厚生労働省の発表では、平成23年のうつ病や双極性障害(躁うつ病)などの患者数は95万8千人に上ります。前頭側頭型認知症よりも「うつ病」のほうが、圧倒的に患者数が多いことも、間違われやすい一因でしょう。今回は、前頭側頭型認知症と「うつ病」につ...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症はこだわりが強くなる?

前頭側頭型認知症には、些細なことに「こだわり」が強くなるという症状があります。ちょっとした「こだわり」程度なら良いのですが、そうは行きません。前頭側頭型認知症のこだわりは、介護を難しくする要因です。しかし、この症状は、上手く利用すると介護の助けにもなる症状です。今回は、前頭側頭型認知症のこだわりにつ...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症と窃盗

前頭側頭型認知症には、窃盗という困った症状が出る場合があります。これは、前頭側頭型認知症で物事の善悪を判断する機能が低下するためです。認知症によって窃盗という犯罪を犯されてしまうというのは、ご家族に方にとっては気が気じゃないことでしょう。今回は、前頭側頭型認知症の窃盗についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の立ち去り行動

前頭側頭型認知症の症状に「立ち去り行動」というものがあります。ところで、前頭側頭型認知症の方は、なぜ立ち去るのでしょう?何処から立ち去るのでしょう?今回は、前頭側頭型認知症による「立ち去り行動」という症状についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の食べ方

前頭側頭型認知症では、食事の食べ方が奇妙になったり好みが変わったりする症状があります。食事の食べ方くらい問題じゃないかと放っておく方もいらっしゃいますが、そうも行きません。なぜなら、放っておくと健康障害や事故につながる場合があるので、対策が必要だからです。今回は、前頭側頭型認知症の食べ方についてお伝...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の中核症状

前頭側頭型認知症に限らず、どんな認知症にも「中核症状」と「周辺症状」があります。中核症状は、脳の機能低下によって直接的に出現する症状です。つまり、認知症のメイン症状とも言えるものを現します。では、前頭側頭型認知症の中核症状とは、どのようなものなのでしょうか?今回は、前頭側頭型認知症の「中核症状」につ...

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症の滞続言語

前頭側頭型認知症には、「滞続(たいぞく)言語」という症状があります。滞続言語は、言語障害の症状の1つですが、話せなくなるというワケではありません。しかし、コミュニケーションの障害になりますので注意したいところです。今回は、前頭側頭型認知症の滞続言語についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症と肺炎は関係あるの?

認知症には、肺炎になりやすいものと、肺炎になりにくい認知症があります。中でも、前頭側頭型認知症は、肺炎を起こしやすい認知症と考えられています。それでは、なぜ、前頭側頭型認知症は、他の認知症と比べても肺炎を起こしやすいと言えるのでしょうか?今回は、前頭側頭型認知症と肺炎についてお伝えします。

≫続きを読む

 

前頭側頭型認知症はゴミ屋敷を作る?

最近、時々ニュースになっているゴミ屋敷問題ですが、これが前頭側頭型認知症による場合もあるようです。では、前頭側頭型認知症になると、なぜ自宅が「ゴミ屋敷」になってしまうのでしょうか?ご家族の方にとっては、ちょっと聞き捨てならない内容かも知れませんね。今回は、前頭側頭型認知症とゴミ屋敷についてお伝えしま...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク