脳血管性認知症の症状

脳血管性認知症の症状について

脳血管性認知症の症状は、アルツハイマーやレビー小体型などの認知症に比べて、始まりがハッキリしているケースが多いです。

 

なぜなら、脳血管性認知症の症状は、脳卒中が原因となって現れるからです。

 

脳血管性認知症の症状は、感情のコントロールができないことによる「感情失禁」や、昨日できたことが今日できない「まだら認知症」など、その他にもさまざまなものがあります。

 

ここでは、そんな脳血管性認知症の症状についてご説明します。

脳血管性認知症の症状記事一覧

脳血管性認知症の症状の特徴

脳血管性認知症(のうけっかんせいにんちしょう)の症状には、いくつかの特徴があるということが分かっています。まず、「脳卒中」という言葉は、多くの方がご存じと思います。では、脳卒中は、具体的には、脳がどうなっているのでしょう?答えは、「脳の中で急に何かが起こった」です。脳の中で急に起こることは、脳血管の...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のケアのポイント

脳血管性認知症は、ある日突然に起こる病気です。家族のだれかに起きないとも限りませんし、親が脳血管性認知症になってから慌ててしまうということもあるでしょう。ところで、万が一脳血管性認知症になった場合、そのケアのポイントには、どのような事があるでしょうか?今回は、脳血管性認知症のケアのポイントについてお...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の痙攣発作

脳血管性認知症(のうけっかんせいにんちしょう)の症状の一つに痙攣(けいれん)発作があります。痙攣発作を起こす病気の一つに「てんかん」があります。脳血管性認知症で起こる痙攣発作は、てんかんの中の「症候性てんかん」に含まれます。今回は、脳血管性認知症の痙攣発作についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症には発作型と緩徐型がある?

脳血管性認知症には、発作型と緩徐(かんじょ)型があることをご存知でしょうか?脳血管性認知症が急激に発症するタイプを「発作型」、ゆっくりと発症タイプを「緩徐(かんじょ)型」といいます。脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いは、どのようなものでしょう?今回は、脳血管性認知症の発作型と緩徐型についてお伝えし...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症に性差はあるのか?

脳血管性認知症は男性と女性で、なりやすさに性差があるのでしょうか?それは、いったいなぜでしょうか?脳血管性認知症に限らず、病気が発症する性差について気にされる方はとても多いように感じます。今回は、脳血管性認知症の性差についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と生活習慣病との関係

脳血管性認知症と生活習慣病には、どんな関係があるのでしょうか?生活習慣病は、以前は「成人病」と呼ばれていました。高血圧や糖尿病などは、中高年から発症するために「加齢」による病気(=成人病)と考えられていたのです。しかし、子供にもこれらの病気が見られるようになったため、「生活習慣病」と変更されました。...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と「怒る」こととは?

脳血管性認知症の人は、ひんぱんに怒るという状態になりやすいと言えます。では、なぜ、脳血管性認知症になると怒りやすいのでしょう?「怒る」ことは、生きる上で大切なことなのです。しかし、突然怒ることがあったり「怒りやすい」状況は、脳血管性認知症の人の介護を困難にする要因でもありますね。今回は、脳血管性認知...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と知能低下

脳血管性認知症では、「知能低下」という症状があります。「知能」をどのように定義するかにもよりますが、脳血管性認知症によって知能低下が起こることは否めません。ただし、脳血管性認知症が、すべての知能を低下させるというワケではありません。今回は、脳血管性認知症と知能低下について、詳しくお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と言語障害

脳血管性認知症には、「言語障害」という症状があります。言語障害というと、単に「話せない」ということを想像する方が多いと思いますが、実際はそうではありません。脳血管性認知症の言語障害には、さまざまなパターンがあります。今回は、脳血管性認知症による言語障害という症状についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の昼夜逆転

脳血管性認知症には、昼夜逆転という症状がありますが、その原因はなんでしょうか?実は、昼夜逆転になる原因は、複数あります。たとえば、脳血管性認知症で昼夜逆転になる原因の1つは、活動量の減少です。その他にもいろいろな原因があり、対処法も変わってきます。今回は、脳血管性認知症の昼夜逆転についてお伝えします...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の徘徊ってなに?

脳血管性認知症の患者さんによくみられる「徘徊」という症状があります。注意が必要なのは、徘徊といっても一般的にイメージされるように、ただやみくもに歩き回っているワケではありません。実は、あまり知られていませんが、脳血管性認知症の人の徘徊には、理由があります。今回は、脳血管性認知症の徘徊についてお伝えし...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のアパシー

脳血管性認知症の症状には「アパシー」というものがあります。アパシーとは、「無気力」「無関心」の状態です。近年の研究で、脳血管性認知症の意欲低下は、うつ状態ではなく「アパシー」のほうが強いことが分かってきました。今回は、脳血管性認知症のアパシーについてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の拒否

脳血管性認知症の人は、介護などを拒否するという症状があります。良かれと思ってしている介護を拒否されたら、介護する人は悲しいですし困ってしまいますね。では、脳血管性認知症の人は、なぜ拒否するのでしょう。実は、それには理由があるケースが多いのです。今回は、脳血管性認知症の拒否についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の作業療法

脳血管性認知症の方に、作業療法という方法が行われることがあります。作業療法とは、リハビリテーションの方法の1つです。リハビリテーションは、脳血管性認知症の以外にも、多くの疾患や障害を持つ人に必要です。では、脳血管性認知症の作業療法とは、いったいどの様なことが行われるのでしょう。今回は、脳血管性認知症...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の症状が進行すると?

脳血管性認知症の症状が発症し、進行してしまうのはどんな時でしょうか?世界中で和食ブームが起きていますね。もちろん、国内でも和食を見直す動きは大きくなっています。これは、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの、生活習慣病の人が増えていることに「危機感」を感じているためともいえるでしょう。脳血管性認知症...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症とアルコール(飲酒)

脳血管性認知症とアルコール(飲酒)には、密接な関係があると言えます。普段からアルコールの摂取量が多い人は、脳血管性認知症になりやすいことをご存知ですか?アルコール(飲酒)で障害を受けるのは、肝臓だけでなく、実は脳細胞も影響を受けます。今回は、脳血管性認知症とアルコール(飲酒)についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と遺伝

脳血管性認知症は、遺伝することはあるのでしょうか?親や親類の人が脳血管性認知症になったという経験のある方なら、この点はかなり気になるところですよね。また、脳血管性認知症に遺伝が関係するとしたら、どのようなことでしょうか?今回は、脳血管性認知症と遺伝についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症への対応

脳血管性認知症になった人への対応に、四苦八苦する例はとても多い事でしょう。日本人の寿命が長くなったことに伴い、認知症にかかる人も増えています。厚生労働省の発表によると、2025年では65歳以上の高齢者の、5人に1人は認知症を患っているとされます。認知症は、もはや特別な病気ではありません。脳血管性認知...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違い

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは、どのような部分にあるのでしょうか?年齢を重ねると、どうしても物忘れが多くなりますね。「あ、忘れていた。」と気がつく場合は、認知症の可能性は低いのですが…。認知症では、忘れている事すら理解できないものです。ただ、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の併発

高齢になると、複数の病気を併発する可能性があります。脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症を併発していることも、まれではありません。脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が併発した場合、どのような問題があり、どのような点に注意したら良いのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の併...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症にイチョウが良い?

脳血管性認知症にイチョウが良いという話を聞いたことはありませんか?認知症高齢者の増加のためか、最近「イチョウ葉エキス」に注目が集まっているからです。ところで、脳血管性認知症にも、イチョウ葉エキスは効果を発揮してくれるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの関係についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と水分の関係

脳血管性認知症の予防には、水分摂取が大切といわれます。しかし、高齢者がむやみにたくさんの水分を摂ると、心臓や腎臓に負担がかかってしまいます。脳血管性認知症を予防するためには、どのように水分を摂ったらよいのでしょうか?今回は、脳血管性認知症と水分についてお伝えします。

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と炭水化物

脳血管性認知症を予防するためには、炭水化物ばかりを多量に摂取する食生活は控えるべきです。しかし、極端に炭水化物を制限することも、脳血管性認知症を発症するリスクを高めてしまいます。脳血管性認知症を予防するためには、炭水化物をどのくらい摂ればよいのでしょうか?今回は、脳血管性認知症と炭水化物についてお伝...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の危険因子

脳血管性認知症の危険因子に、どのような病気があるのかをご存知でしょうか?脳血管性認知症の危険因子となる病気には、高血圧、糖尿病、脂質異常症、痛風などがあります。そして、実は、脳血管性認知症の危険因子は、アルツハイマー型認知症の危険因子でもあることが分かってきています。今回は、そんな脳血管性認知症の危...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の寿命

脳血管性認知症の人の寿命については、どのように考えれば良いのでしょうか?脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症です。高血圧や糖尿病などの、生活習慣病が引き金になります。オフィスで座っている時間が長い、移動は車という現代では、多くの人が認知症の予備軍ともいえるでしょう。脳血管性認知...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク