レビー小体型認知症の症状について

レビー小体型認知症

 

レビー小体型認知症の症状には、実にいろいろなものがあります。

 

たとえば、夜中に大声で寝言を言ったり、突然暴れたりするのは、よくある症状の一つです。

 

また、幻視や幻聴に悩まされたり、失語や頭痛、震えや痙攣(けいれん)なども良くある症状と言えます。

 

また、レビー小体型認知症の症状には、初期症状、中期、末期症状など様々な段階もあります。

 

ここでは、そんなレビー小体型認知症の症状についてご説明します。

レビー小体型認知症の症状記事一覧

レビー小体型認知症の症状の一つである「寝言」についてご説明します。寝ている人が夜中に突然大声で寝言を言って暴れたり、物を投げたりしたら、周りの人はびっくりしてしまいますね。レビー小体型認知症の症状の1つに、このような激しい寝言があります。これは、レム睡眠行動障害というものです。レビー小体型認知症の症状として現れるこのような寝言は、対処法を間違えると、ケガをする場合もあるので注意が必要です。今回は、...

レビー小体型認知症による症状の特徴についてご説明します。まず、ある程度の年齢になって物忘れがあったら、認知症を疑う人というのは多いのではないでしょうか?ところが、物忘れという症状では気づかない特徴的な認知症があります。それが、レビー小体型認知症です。レビー小体型認知症では、気分の変調や幻視(幻覚)、転びやすいなどの症状が特徴です。今回は、レビー小体型認知症の症状の特徴について詳しくお伝えします。

レビー小体型認知症の症状が進行した場合、どのようなことになるのでしょうか?レビー小体型認知症は、初期では「物忘れ」の少ない認知症です。それが、症状が進行することによって、徐々に変化が生じて行くのです。初期の頃は、はっきりしている時と、ボーっとしている、幻覚がある、興奮しているなどの変化が激しいので、介護する人も迷うことが多いでしょう。はっきりしている時には、判断力や理解力が保たれています。ですから...

「レビー小体型認知症」という病名は、まだまだ知らない人が多い認知症ではないでしょうか?では、「パーキンソン病」ではどうでしょう。「パーキンソン病なら聞いたことがある」という方は多いかもしれませんね。実は、パーキンソン病とレビー小体型認知症の原因は同じと考えられています。レビー小体型認知症は、予防できるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の予防などについてお伝えします。

レビー小体型認知症には、幻覚という症状がよく見られます。レビー小体型認知症による幻覚を本当のことだと訴える本人を否定すると、興奮させてしまう場合があります。では、レビー小体型認知症の幻覚には、どのように接し、どのような対策をしたらよいのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の幻覚という症状についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、「うつ症状」があります。ふつうの人でも「うつ」「うつ病」という言葉はよく聞きますし、今や社会問題になっているとも言えるでしょう。では、レビー小体型認知症の人の場合、なぜうつ症状が出るのでしょうか?そして、そんなうつ症状には、どのように対策したらよいのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症のうつについてお伝えします。

レビー小体型認知症では、誤嚥(ごえん)という症状があります。誤嚥とは、食べ物や飲み物、自分の唾液などが間違って気道から肺に入ってしまうことです。レビー小体型認知症でたびたび誤嚥をすると、誤嚥性肺炎を起こしてしまいます。では、レビー小体型認知症では、なぜ誤嚥を起こすのでしょうか?そして、それにはどのような対策があるでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の誤嚥についてお伝えします。

レビー小体型認知症の症状に「痙攣(けいれん)」があります。痙攣は、突発的に始まるというケースも多く見られ、介護者の方がビックリしてしまう症状の一つでもあります。レビー小体型認知症の痙攣は、一見、パーキンソン病の「振るえ」との見分けがつきにくく、診断が難しいものです。今回は、レビー小体型認知症の痙攣についてお伝えします。

レビー小体型認知症の人には「暴れる」という症状があります。実は、レビー小体型認知症の人が暴れるのには原因(理由)がちゃんとあるのです。では、レビー小体型認知症の人が暴れることの原因や、その症状に対してはどのような対策があるでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の暴れるという症状についてお伝えします。

レビー小体型認知症になった方の寿命については、気になるという方が多いと思います。どんな病気でも、「治るのか、治らないのか」は大きな問題ですね。レビー小体型認知症は、どうなのでしょう。治るのか、治らないのか、治らないなら寿命はどのくらいなのか・・・。レビー小体型認知症の診断を受けた方やご家族なら、とても心配になりますね。今回は、そんなレビー小体型認知症と寿命についてお伝えします。

レビー小体型認知症の末期とは、どのような状態なのでしょうか?がんの末期と聞くと、深刻な状態と想像する方が多いと思います。きっと、レビー小体型認知症の末期と聞くと、具体的に想像できない方のほうが多いのではないでしょうか。レビー小体型認知症は、体のどこかが強く痛むなどの症状はありません。体全体が衰えてくる、という印象です。今回は、レビー小体型認知症の末期症状についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、オンオフ現象と呼ばれる症状があります。レビー小体型認知症を発症すると、一体何がオンオフになるのでしょうか?それは、覚醒状態だったり運動機能だったりします。今回は、そんなレビー小体型認知症のオンオフ現象についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、首下がりという症状があります。文字通り、首が下がった状態になっていることです。レビー小体型認知症の首下がりの症状の原因には、以下の2つが考えられます。一つ目は、レビー小体型認知症と似ているパーキンソン病による場合。二つ目は、薬の副作用によるものです。今回は、レビー小体型認知症の首下がりの症状についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、錐体外路症状(すいたいがいろしょうじょう)があります。錐体外路(すいたいがいろ)とは、錐体路(すいたいろ)とともに、脳から運動指令を伝える伝導路です。レビー小体型認知症の錐体外路症状とは、どのような症状でしょうか?そして、レビー小体型認知症の錐体外路症状の対策はどのようなことがあるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の錐体外路症状についてお伝えします。

レビー小体型認知症に、嗅覚障害と呼ばれる症状があります。嗅覚障害とは、カンタンに言えば「臭いを感じる」という感覚がうまく働かなくなるわけですね。レビー小体型認知症の嗅覚障害は、うつ症状や幻覚などと同じく、かなり初期から現れる症状です。今回は、レビー小体型認知症の嗅覚障害についてお伝えします。

レビー小体型認知症の人が、吐き気を訴えたり嘔吐してしまうことはありませんか?実をいうと、レビー小体型認知症の吐き気や嘔吐には、症状が出やすくなる原因があります。では、レビー小体型認知症の吐き気や嘔吐には、どのように対策したらよいのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の吐き気や嘔吐についてお伝えします。

レビー小体型認知症では、見当識障害という症状があります。一般の方は、見当識と言われてもちょっとピンと来ないという方もいらっしゃるでしょう。見当識障害については、この後、詳しくご説明します。レビー小体型認知症の見当識障害は、覚醒状態の変動や幻覚によって起こる場合があります。今回は、レビー小体型認知症の「見当識障害」についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、作話(さくわ)という症状があります。「作話」は、文字的には作り話(つくりばなし)と書きますが、ウソではありません。なぜなら、レビー小体型認知症の作話は、多くは幻覚によって起こるからです。今回は、レビー小体型認知症の作話についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、せん妄という症状があります。レビー小体型認知症のせん妄は、レム睡眠行動障害の可能性もあり見分けが困難です。では、そんなレビー小体型認知症によるせん妄の症状はどうやって見分けて行き、原因・対処についてはどうすれば良いのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症のせん妄についてお伝えします。

レビー小体型認知症には、常同行動のような症状があります。レビー小体型認知症の常同行動と思われる症状は、自分の意志とは関係なく起こります。では、レビー小体型認知症の常同行動にはどんな原因や症状、対処法があるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の常同行動についてお伝えします。

レビー小体型認知症の「むずむず脚症候群」という症状を聞いたことがありますか?「むずむず脚症候群」は、「アカシジア」ともいうレビー小体型認知症の症状です。では、むずむず脚症候群とは一体どんな症状で、原因や対処法はあるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症とむずむず脚症候群についてお伝えします。

レビー小体型認知症は、薬に対して過敏で副作用が出やすいという特徴があります。そのため、レビー小体型認知症には、「禁忌」とされる薬がたくさんあります。しかし、レビー小体型認知症の症状の改善に薬が役立つことも確かです。レビー小体型認知症の人は、薬をどのように使えばよいのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の禁忌についてお伝えします。

近年アロマテラピーは、認知症にも効果があるということで注目されています。認知症と言えば、一般的には「アルツハイマー型認知症」を思い浮かべる方が多いですよね。では、レビー小体型認知症にも、アロマテラピーは有効なのでしょうか?結論から言えば、有効と考えられています。今回は、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性についてお伝えします。

レビー小体型認知症が発症する男女の差「性差」があるかどうかは、多くの方が気にされるところでしょう。高齢者の増加に伴い、多くの人が認知症に関心を持つようになりました。しかし、認知症にも色々な原因疾患があり、それを明らかにすることが大切なことと認識している人は、まだまだ少ない印象です。レビー小体型認知症は、認知症の中で3番目に多い疾患です。性差で見ると、アルツハイマー型認知症は女性に多く、脳血管性認知...

レビー小体型認知症には、「体が動きにくい」「転びやすい」という症状があります。これらの症状を改善するために、「運動療法」が効果的です。では、レビー小体型認知症の運動療法とは、一体どのようなものなのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の運動療法についてお伝えします。

レビー小体型認知症に作業療法という療法が行われることがあります。作業療法というと「手の運動」と考える方が多いかもしれませんね。作業療法は「普段の生活に必要な動作すべて」を訓練する療法です。レビー小体型認知症にも「作業療法」が有効です。今回は、レビー小体型認知症の作業療法についてお伝えします。