認知症介護に疲れたという場合

認知症の介護に疲れた場合

認知症の介護というのは、時間や労力の過酷さによって、身体的な負担の他に、精神的な負担が大きいと言えます。

 

また、介護は「いつ終わるか分からない」ということも、精神的負担を大きくしている点と言えるでしょう。

 

ここでは、認知症の介護に疲れた方や困っている方に対して、具体的な対処法を書いて行きます。

 

肩の力を抜いて、読み進んでいただければと思います。

認知症介護に疲れたという場合記事一覧

認知症の介護疲れに対する精神的対処法

認知症の介護には、身体的負担の他に精神的な負担が大きく、疲れが蓄積して行きます。認知症の人は、介護される必要性が理解できないために、食事や排せつといった日常的な介護でさえ時間や労力がかかるためです。介護はいつ終わるか分からないことも、精神的な負担となり、介護疲れを加速させます。しかし、接し方によって...

≫続きを読む

 

認知症の受け入れ施設

もしかしたら、親が認知症になったら、施設に入れればいいと考えている方は多いかも知れません。しかし、私の経験上、そう簡単には行かないと痛感します。実は、認知症の人を受け入れてくれる施設は、意外と少ないのです。現状の親の介護問題に目を背けたり、先送りにしたりすると、後で慌てることになりかねません。早めに...

≫続きを読む

 

認知症の人の介護にかかる費用

認知症になった場合、「一体どのくらいの費用がかかるのか?」ということについて不安に思う方も多いことでしょう。若年性認知症の場合には、家族の生活にもかなり影響が出ますから、問題は切実です。状況によっては、死活問題となることもあるでしょう。今回は、認知症の人の介護にかかる費用についてお伝えします。

≫続きを読む

 

認知症の人も利用できる「特養」

認知症の人の介護は、365日休みがありませんね。家族ががんばりすぎて体調を崩してしまうと、認知症の人の生活も立ち行かなくなってしまいます。認知症が軽度の時から「特養(特別養護老人ホーム)」を利用しておくと、認知症の人にも家族にもメリットがあります。今回は、認知症の人も利用できる「特養」について説明し...

≫続きを読む

 

認知症の人も利用できる「老健」

認知症の人が体調を崩して入院すると、「病気が治ってもすぐに自宅では生活できない」という場合があります。そんな時に、リハビリ・看護・介護を提供して、自宅に帰る支援をする施設が「老健」です。今回は、認知症の人が自宅に帰れる支援をする老健について説明します。

≫続きを読む

 

認知症の人も利用できる「訪問看護」

看護師は、病院にだけいるものと思われがちのようですが、そんなことはありません。自宅に看護師が来てくれるサービス、それが「訪問看護」です。病院の看護師と同じように、医療処置や療養の世話・相談に乗ってくれるのが心強いですね。今回は、認知症の人も利用できる「訪問看護」について説明します。

≫続きを読む

 

認知症と補助金の話 厚生労働省の取り組み

家族に認知症の方がいる場合、どのように補助金が使われているかも気になるポイントの一つかも知れません。現在、日本人の4人に1人が高齢者で、高齢者の4人に1人が「認知症」とその「予備軍」という時代になりました。そんな中、厚生労働省は認知症の人を「支えられる側」から、「認知症とともに地域で暮らす人」という...

≫続きを読む