認知症の予防とチェックについて

年齢が重なるにつれ、家族に認知症の人が出ないか?または、自分が認知症にならないか?という心配は、どうしても増えてきます。

 

ある程度の年齢になったら、認知症の予防とチェックを行うことが重要です。

 

なぜなら、認知症も他の病気と同じく、未然に防ぐことや「早期発見」が大切だからです。

 

ここでは、認知症の予防とチェックについてご説明します。

認知症の予防とチェック記事一覧

認知症は治らないもの、年だから仕方がないものと思っていませんか?そんなふうに早々と諦めてしまうと、本人も家族も後悔することがたくさんあります。認知症の症状が出ていても治るものや、早期発見で進行を遅らせることにより、穏やかな日常生活が長く続けられる可能性があります。今回は、認知症の早期発見につながる方法や、そのメリットについて説明します。

認知症と聞くと、「何も分からなくなる」と思われる方が多いかもしれませんね。認知症は、脳の細胞の病気です。病気には、軽度(初期)から重度(末期)までいろいろな症状や状態がありますね。それは認知症も、同様です。初期の認知症の人には、「自覚症状がある」場合があります。今回は、認知症の症状の自覚の有無や対処法についてお伝えします。

認知症の中でも、脳の細胞が変性しておこるタイプの認知症は、その原因について分からないことがたくさんあります。例えば、「アルツハイマー型認知症」の原因となる物質には、「アミロイドβ」というたんぱく質が関係していると考えられています。ところが、2015年3月に発表されたアメリカのメイヨ―・クリニックの医師による研究では、アミロイドβが蓄積しても認知機能は障害されないとする報告がありました。今回は、認知...

高齢者の増加に伴い、認知症を発症する人は増加傾向にあります。さらに、MCIという軽度認知障害の状態にある人は、何らかの認知症予防対策を取らないと認知症に移行してしまうことがあります。そんな中、コグニサイズは、1人からできる軽度認知障害の人のための「認知症予防プログラム」です。コグニサイズには、考えながら運動をすることで、脳を刺激しようというねらいがあります。今回は、認知症を予防するコグニサイズにつ...

朝の情報番組では「脳活○○ニー」、バラエティー番組では「アハ体験」など、テレビ番組の中でもゲームやクイズ感覚で、脳の活性化がはかれるモノがたくさん取り入れられていますね。シナプソロジーも、そんな「脳活プログラム」の1つです。シナプソロジーは、認知症の予防だけでなく、スポーツの前のウォーミングアップや、企業の研修・セミナーなどにも利用できるプログラムになっています。今回は、認知症の予防にも使えるシナ...

ある程度の年齢に達しているのに、虫歯や歯周病を放置している人はいませんか?口の中のトラブルを放置して自分の歯を失うことになると、それが認知症への入口になってしまうかもしれません。意外に思われる方が多いですが、認知症と口腔環境には密接な関係があるのです。今回は、認知症と口腔ケアの関係について説明します。

あなたは、きちんと歯磨きをしていますか?虫歯や歯周病で歯を失うと、認知症になりやすくなることが分かっています。逆に、いつもよく噛んで食事をしている人は、「脳の大脳皮質の運動野が活性化している」という報告があります。他にも、歯の本数が少ない人ほど、脳の容積が少なくなっているという研究結果もあります。脳に良い食事を摂るためにも、何でもよく噛めることが必要です。今回は、認知症の予防と歯や咀嚼(そしゃく)...

「笑う門には福来る」昔の人は、笑いの効果を知っていたのでしょうか?脳の研究が進むにつれて、笑いの効果は科学的にも確認されるようになりました。楽しくて笑うのは当たり前ですが、辛い時・苦しい時に作り笑いをしても、「笑いの効果」が出るという説があることは驚きです。笑いには、認知症の予防や進行を遅らせる可能性があることも分かってきました。今回は、「認知症を予防する笑い」についてご説明します。

最近物忘れが多い、良く知っているはずの人の名前がすぐに出てこないなどで、認知症の始まりかなと心配する人は、意外と多いのではないでしょうか?心配な人もそうでない人も、簡単な質問で「認知症の危険度」を判定できるテストをやってみてはいかがでしょう。今の自分の認知機能について、考えるチャンスになるかもしれません。今回は、認知症のチェックをするテストについて説明します。

ニュースでは連日、高速道路の逆走や、アクセルとブレーキの踏み間違いによる車の事故が報道されていますよね。逆走していた70代の運転者は、「高速道路を走っているつもりは無かった」と話しています。認知症の症状が疑われるケースですね。今回は、認知症が疑われる場合に、どのように対応したらよいかをお伝えします。

世の中にはさまざまな病気がありますが、同じ病気にかかっていても、症状が軽い人と重い人がいますよね。実は、その点については認知症も同じです。認知症の症状にも、病気が軽いか進行しているかを判断する基準があります。今回は、認知症の基準にはどのようなものがあるのかについて説明します。

メタボは糖尿病予備軍、景気低迷で企業ではリストラ予備軍、なんと認知症にも「MCI」という予備軍があるのです!でも、ご安心ください。認知症予備軍(MCI)の人の全てが認知症になるのではありません。生活習慣の改善などにより、50%は認知症に移行しないとされています。認知症予備軍から脱却する生活習慣は「糖尿病予防」と似ていて、食生活と運動、それに知的行動の習慣を加えたものです。今回は、認知症の予備軍と言...

体調が悪く病院を受診したい場合、医療保険証を窓口に提示すれば診療を受けられますね。ところが、介護保険は「要介護認定」を受けなければ介護保険施設を使うことができません。では、誰が「要介護認定」をするのか知っていますか?要介護認定は、市町村の「介護認定審査会」が行います。市町村の介護認定審査会のメンバーは、医療・保険・福祉分野の学識経験者です。今回は、認知症の人にどのように要介護認定がされるのかを説明...

誰しも認知症と言う病気にはなりたくありませんね。しかし、年を取ることは止められません。しかも、年を取れば認知症になるリスクは、残念ながら高くなります。では、認知症を遅らせるためにはどうしたらよいでしょうか?それは、頭と身体の若さを保つことです。今回は、認知症を遅らせるために、どんな方法があるのかをお伝えしましょう。

認知症に効くツボというのは存在するのでしょうか?東洋医学は、西洋医学とは異なる考え方で身体の病気(不調)を治します。身体を森に例えると、病気になった木を見つけてその木を治療するのが「西洋医学」の考え方です。東洋医学では、森全体を見て病気(不調)を治そうとします。認知症の人に東洋医学のツボ指圧療法を行ったところ、「徘徊や暴力・暴言が少なくなった」という報告があります。今回は、認知症とツボについてお伝...

認知症の予防と遊びについてご説明して行きましょう。まず、動物の中で「遊び」をするのは、霊長類や人間など知能が発達した種です。遊びとは、生きるためには直接関係がない行為で、指示されたり訓練のためにしたりするものではありません。また、仕事のように、何かの目的を達成するための手段でもありません。意外に思われるかもしれませんが、遊びをしている時には、高度な集中と精神の解放がされています。そのため、認知症の...

認知症と関わっている中で、フレイルという言葉に遭遇することがありますが、皆さんは聞いたことがありますか?フレイルとは、加齢とともに筋力や認知機能が衰え、要介護状態や死亡などの危険性が高まっている状態を指します。日本老年医学会が2014年5月に発表した、フレイルはFrailty(虚弱)の日本語訳です。Frailtyは「虚弱」以外にも「老衰」と訳されることがあります。つまり、健康な状態と要介護状態の中...

認知症の人が入院すると、認知症そのものが悪化してしまうと思っている方が、いらっしゃるようです。たとえば、認知症の人が風邪をこじらせたり、思わぬケガをしたりすることもあるでしょう。それによって、入院しなければならない場合もありますね。そして、認知症の人が入院すると、入院前とは様子がガラリと変わってしまう場合があります。その様子に、認知症が悪化したと心配する方(ご家族など)がいらっしゃるのです。では、...

認知症の「ケアパス」と言う言葉をご存知でしょうか?高齢者人口の増加に伴い、認知症を患う人の割合も増えている現状です。自分や近親者が認知症になったら、どうしたらよいのだろうと不安になる方も多いのではないでしょうか?そのような不安に対して、「認知症になっても、住み慣れた地域でくらすための目安を示したもの」が「ケアパス」です。今回は、認知症の「ケアパス」についてお伝えします。

介護保険では、「その人が生活するためにどのくらいの介護が必要か」によって、要介護認定のレベルが変わります。要介護認定のレベルは、軽いほうから「要支援1・2」「要介護1~5」となります。認知症になった場合、介護保険の要介護認定はどのくらいになるのでしょう?今回は、認知症の要介護認定のレベルについてお伝えします。

認知症の原因となる脳細胞の変性は、いつから始まるかわかりません。そのため、いつ認知症が発症するか分からないのが現状です。では、認知症に気づくキッカケとなるのは、どのような症状があるのでしょうか?また、認知症が疑われる症状に気づいたら、どのように対処したらよいのでしょうか?今回は、そんな認知症に気づくキッカケについてお伝えします。

買い物から帰ってきてから「アレ買うの忘れた」と、思い出すことがありませんか?このようなことが度々あると、「自分は認知症ではないか?」と不安になりますね。そんな「物忘れ」が、加齢による場合と認知症による場合では、何かちがいがあるのでしょうか?今回は、「認知症の物忘れ」と「加齢による物忘れ」のちがいや見分け方についてお伝えします。