脳血管性認知症にイチョウが良い?

スポンサードリンク

脳血管性認知症にイチョウが良いってホント?

脳血管性認知症 イチョウ

 

脳血管性認知症にイチョウが良いという話を聞いたことはありませんか?

 

認知症高齢者の増加のためか、最近「イチョウ葉エキス」に注目が集まっているからです。

 

ところで、脳血管性認知症にも、イチョウ葉エキスは効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

今回は、脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの関係についてお伝えします。

脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの効果性について

脳血管性認知症にイチョウが良いと言われる理由は何でしょう?

 

イチョウは街路樹などで見かけることが多い樹木ですね。

 

このイチョウの葉に含まれる、「フラボノイド配糖体」「ギンコライド」「ビロバライド」という物質が、脳血管性認知症に効果があるとされています。

 

「フラボノイド配糖体」とは、植物の色素や苦み成分に糖類が結合した化合物です。

 

フラボノイドは多くの植物に含まれていて、抗炎症作用、抗酸化作用、脂肪の吸収を抑制するなどの作用があるとされています。

 

動脈硬化は、体内の酸化に伴う血管の炎症や、血管内に脂肪(コレステロール)が沈着することで起こります。

 

動脈硬化によって脳血管性認知症は発症・悪化するので、イチョウ葉のフラボノイドは脳血管性認知症に効果があると考えられます。

 

「ギンコライド」と「ビロバライド」は、テルペノイド化合物という物質です。

 

「テルペノイド化合物」は植物の黄色い色素に含まれていて、脳の血流改善や血小板活性化因子阻害(血液がドロドロになりにくくする)効果があるとされます。

 

ギンコライドとビロバライドは、イチョウの葉特有の物質です。

 

これらのことから、イチョウ葉エキスには、脳血管性認知症の予防や改善に効果があると考えられています。

脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの活用法

イチョウ葉エキスには脳血管性認知症に効果があるとされ、多くの健康食品やサプリメントが販売されています。

 

しかし、まだ科学的に解明されていないことが多く、過信は禁物です。

 

イチョウ葉エキスの中でも、フラボノイド、ギンコライド、ビロバライド、ギンコール酸の含有量の規定を満たすものだけが、ドイツでは医薬品として扱われています。

 

脳血管性認知症に効果があるとされているイチョウ葉エキスは、日本では食品に分類されています。

 

また、イチョウの葉に含まれるギンコール酸などには、アレルギーや神経細胞に障害を起こす成分が含まれています。

 

脳血管性認知症に効果があるといっても、安易にイチョウの葉を食べたり煮詰めてお茶にすることは、危険なので止めましょう。

 

イチョウ葉エキスは、脳血管性認知症に効果があると考えられています。

 

日本では脳血管性認知症の医薬品としての認証は無く、食品やサプリメントとして販売されています。

 

まだ未解明のことが多いですから、安易にイチョウの葉を食べたりお茶にすることは、危険なので止めましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

特徴
脳血管性認知症の症状には、いくつかの特徴があるということが分かっています。今回は、脳血管性認知症の症状の特徴についてお伝えします。
予防
脳血管性認知症は予防できる病気なのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が予防できるかどうかの真相についてお伝えします。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどんなことがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症のケアのポイントについてお伝えします。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状の一つに痙攣発作があります。今回は、脳血管性認知症の痙攣発作についてお伝えします。
発作型・緩徐型
脳血管性認知症には発作型と緩徐型があることをご存知でしょうか?。ここでは脳血管性認知症の発作型と緩徐型についてご説明します。
性差
脳血管性認知症には発症する男女差、つまり性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には密接な関係があると言われています。ここでは脳血管性認知症と生活習慣病との関係についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の人が「怒る」ことには、どんな理由があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の人が怒ることについて、原因や対処法についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症には知能低下という症状があります。ここでは脳血管性認知症の知能低下に対する原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症には言語障害という症状があります。ここでは脳血管性認知症の言語障害に対する原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症には昼夜逆転という症状があります。ここでは脳血管性認知症の昼夜逆転に対する原因や対処法についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症には徘徊という症状があります。ここでは脳血管性認知症の徘徊に対する原因や対処法についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症にはアパシーという症状があります。ここでは脳血管性認知症のアパシーに対する原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症には拒否という症状があります。ここでは脳血管性認知症の拒否に対する原因や対処法についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症には作業療法という方法が用いられることがあります。ここでは脳血管性認知症の作業療法についてご説明します。
進行
脳血管性認知症の症状が発症し、進行してしまうのはどんな時でしょうか?今回は、脳血管性認知症の症状の進行についてお伝えします。
アルコール(飲酒)
脳血管性認知症とアルコール(飲酒)は密接に関係していると言えます。今回は、脳血管性認知症とアルコール(飲酒)との関係についてお伝えします。
遺伝
脳血管性認知症が遺伝するということはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が遺伝するのかどうなのか?を中心にお伝えします。
対応
脳血管性認知症になった人への対応に、四苦八苦する例はとても多い事でしょう。今回は、脳血管性認知症になった人への対応についてお伝えします。
違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは、どのような部分にあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の「違い」についてお伝えします。
アルツハイマー型認知症の併発
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が併発することはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の併発についてお伝えします。
水分
脳血管性認知症の予防に水分摂取が大切と言われれますが、過剰な水分摂取はいけません。今回は、脳血管性認知症と水分の関係についてお伝えします。
炭水化物
脳血管性認知症の予防するために炭水化物の摂り方は大切です。今回は、脳血管性認知症と炭水化物の関係についてお伝えします。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の危険因子についてお伝えします。
寿命
脳血管性認知症の人の寿命については、どのように考えれば良いのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の寿命についてお伝えします。