脳血管性認知症の作業療法

スポンサードリンク

脳血管性認知症の作業療法について

脳血管性認知症 作業療法

 

脳血管性認知症の方に、作業療法という方法が行われることがあります。

 

作業療法とは、リハビリテーションの方法の1つです。

 

リハビリテーションは、脳血管性認知症の以外にも、多くの疾患や障害を持つ人に必要です。

 

では、脳血管性認知症の作業療法とは、いったいどの様なことが行われるのでしょう。

 

今回は、脳血管性認知症の作業療法についてお伝えします。

脳血管性認知症の作業療法とは何か

脳血管性認知症の作業療法とは何かということについて、詳しくご説明しましょう。

 

病院や施設で行われるリハビリテーションは、3つの種類に分けられます。

 

リハビリテーションの種類

 

(1)理学療法:理学療法士による訓練、身体機能の回復を目的とする

 

(2)作業療法:作業療法士による訓練、日常生活に必要は動きが出来ることを目的とする

 

(3)言語療法:言語聴覚士による訓練、言葉の発声・コミュニケーション方法や飲み込みの機能回復を目的とする

 

脳血管性認知症では、全てのリハビリテーションが必要になる場合もあります。

 

脳血管性認知症の作業療法について、詳しくみていきましょう。

 

脳血管性認知症の作業療法の内容

 

手や指の訓練

 

脳血管性認知症では、手や指が動きにくくなる場合があります。

 

特に利き手でこのようなマヒが起こると、日常生活に支障が出ます

 

作業療法では、マヒした手指の動きがスムーズになるような訓練を行います。

 

生活動作の訓練

 

脳血管性認知症では、食事や着替えといった動作が出来なくなる場合があります。

 

食事・着替え・排泄などの動作が出来るように訓練することが、作業療法です。

 

マヒした手指に対しても訓練しますが、利き手交換といって、利き手ではないほうの手で食事をしたり字を書いたりする訓練も行います。

 

これらのことから、作業療法士を「手の先生」と呼ぶ患者さんもいます。

脳血管性認知症の作業療法の具体的方法と注意点

脳血管性認知症の作業療法の、具体的方法についてご説明しましょう。

 

食事動作訓練

 

脳血管性認知症では、手指のマヒやしびれによって箸やスプーンが持ちにくくなる場合があります。

 

食事動作訓練では、脳血管性認知症の人が出来るだけ自分で食事を食べられるように指導します。

 

作業療法士は、脳血管性認知症の人に合わせてスプーンなどの柄の部分を太くしたり、角度を工夫するなどの加工もしてくれます。

 

着替え・入浴・排泄動作の訓練

 

脳血管性認知症の作業療法では、マヒのない腕を使い、着替えたり風呂に入る方法を訓練します。

 

集団で行う作業療法

 

折り紙や塗り絵、体操などのレクリエーションも、脳血管性認知症の作業療法の1つです。

 

これらでは、体の機能の向上だけでなく、コミュニケーションを向上させる効果があります。

 

脳血管性認知症の作業療法の注意点

 

  • 疲れすぎないようにする
  • 脳血管性認知症の発症前から嫌いなことや苦手なことは、作業療法士に伝えておく
  • 病院や施設だけでなく、作業療法士のアドバイスを受けて自宅でも行うと効果的

 

脳血管性認知症の作業療法は、日常生活動作の機能回復に効果的です。

 

続けていくことで効果が出るので、楽しく行えるように工夫しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

特徴
脳血管性認知症の症状には、いくつかの特徴があるということが分かっています。今回は、脳血管性認知症の症状の特徴についてお伝えします。
予防
脳血管性認知症は予防できる病気なのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が予防できるかどうかの真相についてお伝えします。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどんなことがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症のケアのポイントについてお伝えします。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状の一つに痙攣発作があります。今回は、脳血管性認知症の痙攣発作についてお伝えします。
発作型・緩徐型
脳血管性認知症には発作型と緩徐型があることをご存知でしょうか?。ここでは脳血管性認知症の発作型と緩徐型についてご説明します。
性差
脳血管性認知症には発症する男女差、つまり性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には密接な関係があると言われています。ここでは脳血管性認知症と生活習慣病との関係についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の人が「怒る」ことには、どんな理由があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の人が怒ることについて、原因や対処法についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症には知能低下という症状があります。ここでは脳血管性認知症の知能低下に対する原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症には言語障害という症状があります。ここでは脳血管性認知症の言語障害に対する原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症には昼夜逆転という症状があります。ここでは脳血管性認知症の昼夜逆転に対する原因や対処法についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症には徘徊という症状があります。ここでは脳血管性認知症の徘徊に対する原因や対処法についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症にはアパシーという症状があります。ここでは脳血管性認知症のアパシーに対する原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症には拒否という症状があります。ここでは脳血管性認知症の拒否に対する原因や対処法についてご説明します。
進行
脳血管性認知症の症状が発症し、進行してしまうのはどんな時でしょうか?今回は、脳血管性認知症の症状の進行についてお伝えします。
アルコール(飲酒)
脳血管性認知症とアルコール(飲酒)は密接に関係していると言えます。今回は、脳血管性認知症とアルコール(飲酒)との関係についてお伝えします。
遺伝
脳血管性認知症が遺伝するということはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が遺伝するのかどうなのか?を中心にお伝えします。
対応
脳血管性認知症になった人への対応に、四苦八苦する例はとても多い事でしょう。今回は、脳血管性認知症になった人への対応についてお伝えします。
違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは、どのような部分にあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の「違い」についてお伝えします。
アルツハイマー型認知症の併発
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が併発することはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の併発についてお伝えします。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが良いという話をきいたことはありませんか?今回は、脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの関係についてお伝えします。
水分
脳血管性認知症の予防に水分摂取が大切と言われれますが、過剰な水分摂取はいけません。今回は、脳血管性認知症と水分の関係についてお伝えします。
炭水化物
脳血管性認知症の予防するために炭水化物の摂り方は大切です。今回は、脳血管性認知症と炭水化物の関係についてお伝えします。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の危険因子についてお伝えします。
寿命
脳血管性認知症の人の寿命については、どのように考えれば良いのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の寿命についてお伝えします。