脳血管性認知症と水分の関係

スポンサードリンク

脳血管性認知症と水分の関係について

脳血管性認知症 水分

 

脳血管性認知症の予防には、水分摂取が大切といわれます。

 

しかし、高齢者がむやみにたくさんの水分を摂ると、心臓や腎臓に負担がかかってしまいます。

 

脳血管性認知症を予防するためには、どのように水分を摂ったらよいのでしょうか?

 

今回は、脳血管性認知症と水分についてお伝えします。

脳血管性認知症と水分の摂り方

脳血管性認知症の予防には、「脱水」を予防することが大切です。

 

ところが、「脱水」予防のつもりで水分をむやみにたくさん摂っても効果的ではありません。

 

特に高齢者では、過剰な水分摂取によって心臓や腎臓への負担が大きくなります。

 

脳血管性認知症の引き金となる「脱水」を予防しながら、体内の水分量を保つためには、筋肉量を増やす必要があります。

 

筋肉には75~80%の水分を含むことが出来ます。

 

しかし、脂肪では10~20%の水分しか含むことが出来ません。

 

脳血管性認知症を予防しようとして水分を摂っても、筋肉が少なければ尿として排出されてしまうか、「むくみ」になってしまいます。

 

2009年の大阪医科大学衛生学・公衆衛生学教室による「日本人筋肉量の加齢による特徴」というレポートがあります。

 

これによると、加齢による脚の筋肉量の減少に、注意する必要があることが分かります。

 

腕や体幹の筋肉量も、加齢によって緩やかに減少します。

 

しかし、脚の筋肉量の減少速度は、腕や体幹よりもやや早いペースで減少していました。

脳血管性認知症にならないための水分の摂り方

脳血管性認知症にならないためには、「少しづつ」水分を摂るとよいでしょう。

 

一般的には、「寝る前にコップ1杯程度」「寝起きにコップ1杯程度」の水分を摂るとよいとされます。

 

ところが、脳血管性認知症の予防のためと、夜中に起きた時に水分を摂ると尿回数が増えて睡眠を妨げてしまいます。

 

「寝起きの1杯」は、朝の活動前に水やお茶を飲みましょうという意味です。

 

水分は、ご飯や野菜・肉・魚などにも含まれています。

 

食事をきちんと食べているなら、食事の時にお茶や水を1杯程度飲めば大丈夫でしょう。

 

高齢になると「のどが渇いた」と感じにくくなるため、食事の合間にもお茶や水を1杯程度飲むことをおすすめします。

 

脳血管性認知症の引き金となる「脱水」を予防するためには、筋肉量を増やすことも大切です。

 

出来るだけ歩くことを心掛けて、下肢の筋肉量を増やすようにしましょう。

 

高齢者が脳血管性認知症を予防しようとして、過剰な水分を摂ることはおすすめ出来ません。

 

高齢者の場合、こまめに少しずつ水分を摂るようにしましょう。

 

筋肉量の減少は、脳血管性認知症の引き金となる「脱水」を起こしやすくします。

 

歩くことを心掛けて、足腰の筋肉量を増やしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

特徴
脳血管性認知症の症状には、いくつかの特徴があるということが分かっています。今回は、脳血管性認知症の症状の特徴についてお伝えします。
予防
脳血管性認知症は予防できる病気なのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が予防できるかどうかの真相についてお伝えします。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどんなことがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症のケアのポイントについてお伝えします。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状の一つに痙攣発作があります。今回は、脳血管性認知症の痙攣発作についてお伝えします。
発作型・緩徐型
脳血管性認知症には発作型と緩徐型があることをご存知でしょうか?。ここでは脳血管性認知症の発作型と緩徐型についてご説明します。
性差
脳血管性認知症には発症する男女差、つまり性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には密接な関係があると言われています。ここでは脳血管性認知症と生活習慣病との関係についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の人が「怒る」ことには、どんな理由があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の人が怒ることについて、原因や対処法についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症には知能低下という症状があります。ここでは脳血管性認知症の知能低下に対する原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症には言語障害という症状があります。ここでは脳血管性認知症の言語障害に対する原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症には昼夜逆転という症状があります。ここでは脳血管性認知症の昼夜逆転に対する原因や対処法についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症には徘徊という症状があります。ここでは脳血管性認知症の徘徊に対する原因や対処法についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症にはアパシーという症状があります。ここでは脳血管性認知症のアパシーに対する原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症には拒否という症状があります。ここでは脳血管性認知症の拒否に対する原因や対処法についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症には作業療法という方法が用いられることがあります。ここでは脳血管性認知症の作業療法についてご説明します。
進行
脳血管性認知症の症状が発症し、進行してしまうのはどんな時でしょうか?今回は、脳血管性認知症の症状の進行についてお伝えします。
アルコール(飲酒)
脳血管性認知症とアルコール(飲酒)は密接に関係していると言えます。今回は、脳血管性認知症とアルコール(飲酒)との関係についてお伝えします。
遺伝
脳血管性認知症が遺伝するということはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症が遺伝するのかどうなのか?を中心にお伝えします。
対応
脳血管性認知症になった人への対応に、四苦八苦する例はとても多い事でしょう。今回は、脳血管性認知症になった人への対応についてお伝えします。
違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは、どのような部分にあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の「違い」についてお伝えします。
アルツハイマー型認知症の併発
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が併発することはあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の併発についてお伝えします。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが良いという話をきいたことはありませんか?今回は、脳血管性認知症とイチョウ葉エキスの関係についてお伝えします。
炭水化物
脳血管性認知症の予防するために炭水化物の摂り方は大切です。今回は、脳血管性認知症と炭水化物の関係についてお伝えします。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の危険因子についてお伝えします。
寿命
脳血管性認知症の人の寿命については、どのように考えれば良いのでしょうか?今回は、脳血管性認知症の寿命についてお伝えします。