レビー小体型認知症の痙攣(けいれん)

スポンサードリンク

レビー小体型認知症の痙攣(けいれん)について

レビー小体型認知症 痙攣

 

レビー小体型認知症の症状に「痙攣(けいれん)」があります。

 

痙攣は、突発的に始まるというケースも多く見られ、介護者の方がビックリしてしまう症状の一つでもあります。

 

レビー小体型認知症の痙攣は、一見、パーキンソン病の「振るえ」との見分けがつきにくく、診断が難しいものです。

 

今回は、レビー小体型認知症の痙攣についてお伝えします。

レビー小体型認知症の痙攣の症状と原因

レビー小体型認知症の方に痙攣が起きてしまう原因は何でしょうか?

 

まず、レビー小体型認知症は、脳の細胞内に「レビー小体」というタンパク質の塊が出来ることによって発症します。

 

レビー小体型認知症は、脳の後頭葉や側頭葉という部位から障害されていきます。

 

側頭葉の障害により、「側頭葉性複雑部分発作」という痙攣を起こします。

 

レビー小体型認知症に起こりやすい「側頭葉性複雑部分発作」の痙攣の症状

 

  • 3~5分程度の意識障害
  • 口をモグモグさせたり、手をソワソワと動かす自動症
  • 発作前、発作中の記憶の障害
  • 会話が困難になったり動作が停止する
  • 発作後にウロウロと歩き回る

 

レビー小体型認知症の痙攣は、てんかんの大発作のように、全身がガクガクと振るえる症状はありません。

 

レビー小体型認知症の痙攣は、パーキンソン病による手の振るえやアルツハイマー型認知症による記憶障害と混同されやすいです。

 

そのため、専門医でも見落としてしまう可能性があるといわれます。

レビー小体型認知症の痙攣への対策

前述したように、レビー小体型認知症の痙攣は、パーキンソン病やアルツハイマー型認知症の症状と混同されやすいので、注意が必要です。

 

次のような状態がある場合は、レビー小体型認知症の痙攣の可能性があるので専門医に相談しましょう。

 

  1. 良い状態の時と悪い状態の時の落差が大きく、変動を繰り返す
  2. エピソードごと記憶が抜けている時と、覚えている時が混在する
  3. 頻繁に行動が止まったり意識障害が起こる
  4. 無意味にボタンをいじったり、口をモグモグさせる自動症がある
  5. 自動症が止まったり始まったりを繰り返す
  6. 眠っている間に痙攣がある

 

レビー小体型認知症の治療薬であるドネペジル塩酸塩は、「側頭葉性複雑部分発作」の痙攣を起こしやすくしてしまう副作用があります。

 

ドネペジル塩酸塩やガランタミン、リバスチグミンなどの認知症の治療薬を内服してから前記のような痙攣が頻発するなら、専門医に相談しましょう。

 

レビー小体型認知症の痙攣は、「側頭葉性複雑部分発作」による場合が考えられます。

 

認知症治療薬を飲み始めてから、意識の変動や行動の停止、手や口の自動症があれば専門医に相談しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

寝言
レビー小体型認知症の症状の一つ「寝言」に悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の症状の一つ「寝言」についての原因や対処法についてご説明します。
症状の特徴
レビー小体型認知症は、物忘れという症状では気づかない特徴的な認知症です。ここではレビー小体型認知症の症状の特徴について詳しくお伝えします。
症状の進行
レビー小体型認知症の症状が進行した場合、どのようなことになるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症が進行した場合の症状についてお伝えします。
予防
レビー小体型認知症は予防できるのでしょうか?今回は、パーキンソン病と似た症状のレビー小体型認知症の予防についてお伝えします。
幻覚
レビー小体型認知症の幻覚に悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の症状の一つである幻覚についてお伝えします。
うつ
レビー小体型認知症によって「うつ」に悩まされるケースは多いです。ここではレビー小体型認知症の症状の一つである「うつ」についてお伝えします。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が「誤嚥」に悩まされるケースは多いです。ここではレビー小体型認知症の症状の一つである「誤嚥」についてお伝えします。
暴れる
レビー小体型認知症の人が暴れることで悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の「暴れる」という症状についてお伝えします。
寿命
レビー小体型認知症になった方の寿命については気になるという方が多いと思います。今回は、そんなレビー小体型認知症と寿命についてお伝えします。
末期
レビー小体型認知症の末期とは、どのような状態なのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の末期症状についてお伝えします。
オンオフ
レビー小体型認知症の方にはオンオフ現象という症状があります。ここではレビー小体型認知症のオンオフ現象についてお伝えします。
首下がり
レビー小体型認知症の方には首下がりという症状があります。ここではレビー小体型認知症の首下がりについてお伝えします。
錐体外路症状
レビー小体型認知症の錐体外路症状(すいたいがいろしょうじょう)という症状があります。ここではレビー小体型認知症の錐体外路症状についてお伝えします。
嗅覚障害
レビー小体型認知症の嗅覚障害という症状があります。ここではレビー小体型認知症の嗅覚障害についてお伝えします。
嘔吐
レビー小体型認知症になった方が嘔吐するというケースがあります。ここではレビー小体型認知症の嘔吐についてお伝えします。
見当識障害
レビー小体型認知症の見当識障害という症状があります。ここではレビー小体型認知症の見当識障害についてお伝えします。
作話
レビー小体型認知症には作話という症状があります。ここではレビー小体型認知症の作話についてお伝えします。
せん妄
レビー小体型認知症にはせん妄という症状があります。ここではレビー小体型認知症のせん妄についてお伝えします。
常同行動
レビー小体型認知症には常同行動という症状があります。ここではレビー小体型認知症の常同行動についてお伝えします。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の「むずむず脚症候群」という症状を聞いたことがありますか?ここではレビー小体型認知症のむずむず脚症候群についてお伝えします。
禁忌
レビー小体型認知症の禁忌にはどのようなものがあるのでしょうか?ここではレビー小体型認知症の禁忌についてお伝えします。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマは効果的なのでしょうか?ここではレビー小体型認知症とアロマの関係についてお伝えします。
性差
レビー小体型認知症に性差はあるのでしょうか?ここではレビー小体型認知症と性差の関係についてお伝えします。
運動療法
レビー小体型認知症に運動療法という療法が行われることがあります。ここではレビー小体型認知症の運動療法についてお伝えします。
作業療法
レビー小体型認知症に作業療法という療法が行われることがあります。ここではレビー小体型認知症の作業療法についてお伝えします。