レビー小体型認知症にアロマ?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症にアロマは効果的?

レビー小体型認知症 アロマ

 

近年アロマテラピーは、認知症にも効果があるということで注目されています。

 

認知症と言えば、一般的には「アルツハイマー型認知症」を思い浮かべる方が多いですよね。

 

では、レビー小体型認知症にも、アロマテラピーは有効なのでしょうか?

 

結論から言えば、有効と考えられています。

 

今回は、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性についてお伝えします。

レビー小体型認知症にアロマが効果的なのは何故?

レビー小体型認知症にアロマが効果的だと言われるのは、なぜなのでしょうか?

 

アロマテラピーは、植物から抽出した香りの成分によって、心身の変調を整える自然療法です。

 

鳥取大学の浦上教授らの研究により、認知症の症状改善にアロマが効果的という結果が発表されてから、アロマテラピーが注目されています。

 

浦上教授の研究はアルツハイマー型認知症の症状改善に対してでしたが、レビー小体型認知症にもアロマテラピーは効果的と考えられます。

 

それは、アロマが「交感神経」や「副交感神経」の働きを整えると考えられるためです。

 

レビー小体型認知症では、副交感神経が優位になり過ぎて、ボーっとしたり、意識がもうろうとしたりする症状があります。

 

これらの意識の変動に対して、交感神経を刺激するアロマテラピーが有効と考えられます。

レビー小体型認知症に効果的なアロマの使い方

レビー小体型認知症にアロマを効果的に使うには、どんな点を意識すれば良いのでしょうか?

 

浦上教授の研究では、朝から午前中にかけてはローズマリー・カンファーとレモン、夕方から夜にかけては真正ラベンダーとオレンジが効果的という結果でした。

 

レビー小体型認知症のアロマテラピーで注意したいのは、真正ラベンダーの使用についてです。

 

真正ラベンダーは、副交感神経に働きかけて気分をリラックスさせる効果があります。

 

レビー小体型認知症は、副交感神経が優位になりやすい特徴があります。

 

そのため、真正ラベンダーの香りにより、血圧が下がり過ぎる危険性があります。

 

また、真正ラベンダーに含まれる酢酸リナリルという成分は、少量では興奮性を高める作用があります。

 

レビー小体型認知症では、真正ラベンダー適量では低血圧になる危険性があり、少量では興奮性を強くしてしまう危険性があることから、特に注意して頂きたいと思います。

 

アロマテラピーでは、アロマオイルを入浴に使用したり、マッサージオイルに混ぜたりする場合があります。

 

しかし、レビー小体型認知症の場合は薬剤などに過敏症があるため、アロマペンダントディフューザーで使用するほうが安全でしょう。

 

レビー小体型認知症に効果的と考えられるアロマの使い方

 

  1. 朝から午前中・・・ローズマリー・カンファー 2滴:レモン 1滴
  2. 夕方から夜・・・・オレンジ 1滴 (真正ラベンダーの使用は注意)
  3. 朝食前から・・・・黒コショウパッチ*

 

*黒コショウパッチは、意識をはっきりさせる効果があります。

 

レビー小体型認知症で「嚥下機能(えんげきのう)」が低下しているケースに使用して、効果が実感できたという声が複数あります。

 

衣服の裏側に貼るパッチタイプのアロマで、1日中効果があります。

 

レビー小体型認知症にも、アロマテラピーが効果的と考えられます。

 

ただし、副交感神経を刺激して気分を落ち着かせる効果があるアロマは、特に注意して使いましょう。

 

アロマテラピーは、植物から抽出した精油でなければ効果がありません。

 

精油には、光毒性があるものや保管方法に注意が必要なものがあります。

 

レビー小体型認知症に効果があるといっても、嫌いなアロマでは逆効果です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

寝言
レビー小体型認知症の症状の一つ「寝言」に悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の症状の一つ「寝言」についての原因や対処法についてご説明します。
症状の特徴
レビー小体型認知症は、物忘れという症状では気づかない特徴的な認知症です。ここではレビー小体型認知症の症状の特徴について詳しくお伝えします。
症状の進行
レビー小体型認知症の症状が進行した場合、どのようなことになるのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症が進行した場合の症状についてお伝えします。
幻覚
レビー小体型認知症の幻覚に悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の症状の一つである幻覚についてお伝えします。
うつ
レビー小体型認知症によって「うつ」に悩まされるケースは多いです。ここではレビー小体型認知症の症状の一つである「うつ」についてお伝えします。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が「誤嚥」に悩まされるケースは多いです。ここではレビー小体型認知症の症状の一つである「誤嚥」についてお伝えします。
痙攣
レビー小体型認知症の方が痙攣(けいれん)に悩まされるケースは多いです。ここではレビー小体型認知症の症状の一つである痙攣についてお伝えします。
暴れる
レビー小体型認知症の人が暴れることで悩まされるケースはとても多いです。今回はレビー小体型認知症の「暴れる」という症状についてお伝えします。
寿命
レビー小体型認知症になった方の寿命については気になるという方が多いと思います。今回は、そんなレビー小体型認知症と寿命についてお伝えします。
末期
レビー小体型認知症の末期とは、どのような状態なのでしょうか?今回は、レビー小体型認知症の末期症状についてお伝えします。
オンオフ
レビー小体型認知症の方にはオンオフ現象という症状があります。ここではレビー小体型認知症のオンオフ現象についてお伝えします。
首下がり
レビー小体型認知症の方には首下がりという症状があります。ここではレビー小体型認知症の首下がりについてお伝えします。
錐体外路症状
レビー小体型認知症の錐体外路症状(すいたいがいろしょうじょう)という症状があります。ここではレビー小体型認知症の錐体外路症状についてお伝えします。
嗅覚障害
レビー小体型認知症の嗅覚障害という症状があります。ここではレビー小体型認知症の嗅覚障害についてお伝えします。
嘔吐
レビー小体型認知症になった方が嘔吐するというケースがあります。ここではレビー小体型認知症の嘔吐についてお伝えします。
見当識障害
レビー小体型認知症の見当識障害という症状があります。ここではレビー小体型認知症の見当識障害についてお伝えします。
作話
レビー小体型認知症には作話という症状があります。ここではレビー小体型認知症の作話についてお伝えします。
せん妄
レビー小体型認知症にはせん妄という症状があります。ここではレビー小体型認知症のせん妄についてお伝えします。
常同行動
レビー小体型認知症には常同行動という症状があります。ここではレビー小体型認知症の常同行動についてお伝えします。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の「むずむず脚症候群」という症状を聞いたことがありますか?ここではレビー小体型認知症のむずむず脚症候群についてお伝えします。
禁忌
レビー小体型認知症の禁忌にはどのようなものがあるのでしょうか?ここではレビー小体型認知症の禁忌についてお伝えします。
性差
レビー小体型認知症に性差はあるのでしょうか?ここではレビー小体型認知症と性差の関係についてお伝えします。
運動療法
レビー小体型認知症に運動療法という療法が行われることがあります。ここではレビー小体型認知症の運動療法についてお伝えします。
作業療法
レビー小体型認知症に作業療法という療法が行われることがあります。ここではレビー小体型認知症の作業療法についてお伝えします。