認知症の「ケアパス」ってなに?

スポンサードリンク

認知症の「ケアパス」って何のこと?

認知症の「ケアパス」と言う言葉をご存知でしょうか?

 

高齢者人口の増加に伴い、認知症を患う人の割合も増えている現状です。

 

自分や近親者が認知症になったら、どうしたらよいのだろうと不安になる方も多いのではないでしょうか?

 

そのような不安に対して、「認知症になっても、住み慣れた地域でくらすための目安を示したもの」が「ケアパス」です。

 

今回は、認知症の「ケアパス」についてお伝えします。

認知症の「ケアパス」は、厚生労働省の政策?

認知症の「ケアパス」は、厚生労働省の認知症に対する政策の1つです。

 

厚生労働省では、「認知症の人は、精神病院や施設を利用せざるを得ない」という考え方を改めました。

 

「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れたの良い環境で暮らし続けることができる社会」の実現を目指す、としています。

 

参照:認知症ケアパス作成のための手引き(案)

 

「ケアパス」は、認知症の状態(症状)に合わせた生活の目安、自治体の相談窓口、利用できる医療機関や施設を分かりやすく記したパンフレットです。

 

自治体によっては、「認知症ガイドブック」「認知症あんしんガイド」という名称で作られています。

 

ケアパスは、市町村役所・地域包括支援センター・保健センターなど、高齢者福祉などに関わりのある場所で配布されています。

 

市町村のホームページなどにも、掲載されています。

認知症の「ケアパス」の使い方

認知症のケアパスは自治体によって異なりますが、おおむね次のような内容が記載されています。

 

  1. 認知症とはどのような病気か
  2. 認知症の症状の例
  3. 各自治体の認知症症状がある高齢者の推移や状況
  4. 認知症の進行に伴う症状や状態
  5. 認知症の本人・家族の気持ちや心がまえ
  6. 認知症の進行度に合わせた相談窓口・利用できる機関(施設)の名称や場所
  7. 認知症を疑う場合の医療機関の受診方法や医療機関名
  8. 認知症の予防方法など

 

認知症のケアパスは、認知症を知らない人にも分かりやすいガイドブックです。

 

ざっと読み進めるだけでも、認知症が疑われたらどこに相談すればよいか、認知症の症状や状態が進行したらどこに・どのように相談したらよいかがわかります。

 

相談したい地域包括センターや医療機関の場所・連絡先も明記されているので、迷うことも少ないでしょう。

 

認知症は誰にでもかかる可能性のある病気です。

 

認知症を恐れるばかりではなく、積極的に認知症について情報を得ることをおすすめします。

 

ご自分の自治体では、どのようなケアパスが作られているか見てみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

早期発見について
認知症も他の病気と同じく、早期発見することが大切です。認知症の中には治るものや早期発見で対処できるものがあるからです。ここでは認知症の早期発見についてご説明します。
自覚
認知症の人には、自分が認知症であるという自覚はあるのでしょうか?今回は、認知症の自覚についてお伝えします。
アミロイドβ
認知症の原因となる物質と言われるものにアミロイドβがあります。ここでは認知症に関係していると言われるアミロイドβについてご説明します。
コグニサイズ
軽度認知症障害の人のための認知症予防プログラムの一つにコグニサイズがあります。ここでは認知症予防プログラム、コグニサイズについてご説明します。
シナプソロジー
認知症予防プログラムの一つにシナプソロジーがあります。シナプソロジーはスポーツのウォーミングアップや、企業の研修・セミナーなどにも利用できる脳活プログラムです。シナプソロジーについてご説明します。
口腔ケアの関係
認知症と口腔ケアの良し悪しは密接に関係していると言われています。ここでは認知症と口腔ケアの関係についてご説明します。
虫歯や歯周病で歯を失うと、認知症になりやすくなると言われています。ここでは認知症と歯の関係についてご説明します。
笑い
認知症の予防に笑いが効果的と言うことが科学的に分かってきました。ここでは認知症と笑いの関係についてご説明します。
認知症チェック
認知症かな?と心配になった人もそうでない人も簡単なチェックによって認知症の危険度を知ることが出来ます。ここでは認知症のチェックについてご説明します。
疑いがある場合
認知症のテストやチェックを行おうとするのは、その疑いを感じているというケースが多いです。ここでは認知症が疑われる場合にどのように対処すれば良いのかについてご説明します。
基準について
認知症の症状が軽いか、または進行しているかについてある程度の基準があったらいいですよね。ここでは認知症の基準についてご説明します。
予備軍(MCI)
他の病気と同様に認知症にも予備軍があります。それがMCIです。ここでは認知症の予備軍と言われるMCIについてご説明します。
要介護認定
介護保険は、要介護認定を受けなければ介護保険施設を使うことができません。ここでは認知症の要介護認定についてご説明します。
遅らせるには?
認知症には誰しもなりたくないものですが、なった場合に進行を遅らせるにはどうすれば良いのでしょう?ここでは認知症の発生を遅らせる方法についてご説明します。
ツボ
認知症にツボによる治療が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは認知症とツボの関係についてご説明します。
遊び
意外と高度な集中力が必要となる遊びは認知症の予防にも効果的です。ここでは認知症と遊びの関係についてご説明します。
フレイル
認知症に関わっているとフレイルという言葉に総合することがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症とフレイルの関連性についてご説明します。
入院で悪化
認知症の人が入院することで症状が悪化することはあるのでしょうか?今回は、認知症で入院して悪化するか否かについてお伝えします。
要介護認定
認知症になったら要介護認定のレベルはどうなるのでしょうか?今回は、認知症の要介護認定のレベルについてお伝えします。
気づくキッカケ
認知症になっているのかも知れない!と気づくキッカケには、どんな事があるのでしょうか?今回は、認知症に気づくキッカケについてお伝えします。
物忘れとの違い
認知症と、加齢等による「物忘れ」には何か違いはあるのでしょうか?今回は、認知症と物忘れとの違いについて詳しくお伝えします。