アルツハイマー型認知症への関わり方

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症への関わり方について

アルツハイマー型認知症 関わり方

 

アルツハイマー型認知症の方との関わり方に悩んでいる方は多いと思います。

 

2025年には、認知症を患う人が700万人以上にものぼるとか…。

 

65歳以上の人の、5人に一人が認知症ということになります。

 

自分の親や親戚など、身近な人がアルツハイマー型認知症と診断されたら、どのように関わればよいのでしょう。

 

今回は、アルツハイマー型認知症の人との関わり方についてお伝えします。

アルツハイマー型認知症への関わり方に困る理由

アルツハイマー型認知症の人との関わり方に困る理由はいろいろとあります。

 

身近な人がアルツハイマー型認知症と診断されたら、どう関わったらよいのでしょう。

 

答えは、アルツハイマー型認知症の当事者の言葉にあるように感じます。

 

  • 『「ひとり暮らしは無理」と言われて混乱した。』
  • 『認知症と知られたら、自分の事を信用してくれなくなるのではないか』
  • 『半年後に再受診と言われたのに、半年後には死ぬと思い込んだ』

 

どれも、アルツハイマー型認知症と診断された人の言葉です。

 

アルツハイマー型認知症と診断された人は、ショックを受けて葛藤があると訴えます。

 

そこに、関わり方の答えがあるのだと思います。

 

しかし、教科書などによるアルツハイマー型認知症についての記述には、違和感があります。

 

「アルツハイマー型認知症では、病識が無い」なども、その1つでしょう。

 

多くの人がアルツハイマー型認知症の人への関わり方に戸惑うのは、「アルツハイマー型認知症」という病気を正しく理解していないからではないでしょうか。

 

「アルツハイマー型認知症」という病気に、偏見がある場合もあるでしょう。

 

現状では、医師や医療従事者であっても、アルツハイマー型認知症についての理解が充分とはいえません。

アルツハイマー型認知症への関わり方と注意点

アルツハイマー型認知症への関わり方と注意点についてお伝えします。

 

アルツハイマー型認知症の人との関わり方に迷う時には、事前にアルツハイマー型認知症について知っておくことが望ましいと考えます。

 

そうすれば、アルツハイマー型認知症で苦手になってしまうことと、病気になっても変わらない部分があることがわかるでしょう。

 

どんな病気にもいえることですが、その人のすべてが病気になるワケではありません。

 

アルツハイマー型認知症では、「記憶」「処理能力」が低下します。

 

その部分を援助すれば、アルツハイマー型認知症になっても出来ることはたくさんあるのです。

 

介護者の関わり方としては、その点を理解することが大切です。

 

「忘れたこと」や「出来ないこと」を責めてはいけません。

 

アルツハイマー型認知症の人は、そうでない人の倍以上の労力を使って生活しているのです。

 

厚生労働省でも、アルツハイマー型認知症などの理解を深めようという政策を進めています。

 

それが新オレンジプランの「認知症サポーター」の育成です。

 

地域の多くの人に認知症について知ってもらい、認知症の人が暮らしやすい環境を整えようというものです。

 

アルツハイマー型認知症については、まだまだ誤解や偏見があります。

 

アルツハイマー型認知症の人の関わり方に困った時には、現在のその人を注意深く見たり話を聞いたりするとよいでしょう。

 

もちろん、認知症専門医に相談することも大切です。

 

地域で「認知症サポーター養成講座」が開催されるなら、ぜひ参加してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

症状の特徴
アルツハイマー型認知症の症状の特徴には、どのようなものがあるでしょうか?今回はアルツハイマー型認知症の特徴的な症状についてお伝えします。
初期
アルツハイマー型認知症の初期の症状には、どのようなものがあるのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症の初期の症状についてお伝えします。
予防
アルツハイマー型認知症は予防できるのかどうなのかについては、多くの方が気にされるポイントでしょう。今回は、アルツハイマー型認知症が予防できるかどうか?についてお伝えします。
誤嚥
アルツハイマー型認知症で「誤嚥」する方がいらっしゃいます。ところで誤嚥とはなにを現す言葉でしょうか?対処法はあるのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症の誤嚥についてご説明します。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状の一つ「幻視」という言葉をお聞きになったことはありますか?今回は、アルツハイマー型認知症の症状でもある「幻視」についてお伝えします。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状として頭痛を訴える方がいらっしゃいます。今回は、アルツハイマー型認知症の症状の「頭痛」についてお伝えします。
失語
アルツハイマー型認知症の症状の一つに「失語」があります。今回は、アルツハイマー型認知症の中核症状の1つでもある「失語」についてお伝えします。
作話
アルツハイマー型認知症の症状の一つに「作話」があります。今回は、アルツハイマー型認知症による「作話」についてお伝えします。
運動障害
アルツハイマー型認知症に運動障害が現れるという話がありますが本当でしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症と運動障害との関係についてお伝えします。
意識障害
アルツハイマー型認知症に意識障害という症状が現れることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症と意識障害の関係についてお伝えします。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症に嚥下障害という症状が現れることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症と嚥下障害の関係についてお伝えします。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の記憶障害は、とても良く知られていますよね。今回は、アルツハイマー型認知症と記憶障害の関係についてお伝えします。
注意障害
アルツハイマー型認知症の注意障害は、とても良く知られていますよね。今回は、アルツハイマー型認知症と注意障害の関係についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の方が夕方に落ち着かないということがあります。今回は、アルツハイマー型認知症の人に夕方起きる「夕暮れ症候群」についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の症状に怒りっぽいということがあります。今回は、アルツハイマー型認知症の人が怒りっぽい状態になる原因や対処法についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症では意欲低下という症状が出ることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症と意欲低下についてお伝えします。
感情失禁
アルツハイマー型認知症では感情失禁という症状が出ることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症と感情失禁についてお伝えします。
多動
アルツハイマー型認知症では多動という症状が出ることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症と多動についてお伝えします。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症では痙攣(けいれん)の症状が出ることがあります。今回は、アルツハイマー型認知症の痙攣についてお伝えします。
体重減少
アルツハイマー型認知症と体重減少には関係がないように思えますが、近年そうではないことが分かってきました。今回は、アルツハイマー型認知症と体重減少の関係についてお伝えします。
見当識障害
アルツハイマー型認知症の症状には見当識障害というものがあります。今回は、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてお伝えします。
嗅覚障害
アルツハイマー型認知症の症状には嗅覚障害というものがあります。今回は、アルツハイマー型認知症の嗅覚障害についてお伝えします。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人はいるのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症になりやすい人についてお伝えします。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症の遺伝についてお伝えします。
性差
アルツハイマー型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症の性差についてお伝えします。
段階
アルツハイマー型認知症の症状は、どんな段階を経て進んで行くのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症による症状の段階についてお伝えします。
重度
アルツハイマー型認知症の症状は、どんな段階を経て進んで行くのでしょうか?今回は、アルツハイマー型認知症による症状の段階についてお伝えします。
寿命
アルツハイマー型認知症の方の寿命がどれくらいなのかについては、気になる方も多いでしょう。今回は、アルツハイマー型認知症の寿命についてお伝えします。