認知症の人の受け入れ施設は多くない!

もしかしたら、親が認知症になったら、施設に入れればいいと考えている方は多いかも知れません。

 

しかし、私の経験上、そう簡単には行かないと痛感します。

 

実は、認知症の人を受け入れてくれる施設は、意外と少ないのです。

 

現状の親の介護問題に目を背けたり、先送りにしたりすると、後で慌てることになりかねません。

 

早めにリサーチして、いざという時に備えましょう。

どんな施設が認知症の人の受け入れ先になるのか?

認知症は病気ですが、病院に長くいることが良いとは言えません。

 

病院は、治療が目的になるので、症状が落ち着けば閉鎖的で単調な生活になります。

 

病院のスタッフは、病状の重い人に手を取られるので、認知症の人に対して細かな対応をすることが難しくなるからです。

 

有料老人ホームでは、施設により条件が異なるので、受け入れてくれる場合もあります。

 

しかし、費用が高額になる場合もあります。

 

自分で探すのはたいへんなので、地域包括支援センターに相談したり、介護保険の認定を受けてケアマネージャーに探してもらったりするほうがよいでしょう。

 

この場合も、認知症がひどくなってからでは、遅すぎます。

 

介護保険の施設は、認知症の専門医と提携しているとは限りませんので、他の病院への受診は家族が付き添う必要があるからです。

 

急に施設に入れたことにより、認知症の人の混乱が強くなり、暴力的になったり被害妄想が強くなったりして、プロであっても介護が困難になる場合もあります。

 

そうなると、退所を迫られることもあるのです。

 

認知症が軽いうちにデイサービスに通うなどが習慣になっていれば、スタッフとも顔見知りになり、スタッフもその人を理解して接することができるので、認知症の人が混乱するリスクが減ります。

 

介護保険が施行されて15年が経ちますが、身近な人に介護が必要になるまで、その仕組みを知らない人が多いのが現状です。

 

40歳を過ぎたら介護保険料を徴収されているので、仕組みを知っておくといざという時の備えになりますよ。

カンタン・無料で認知症の受け入れ施設を探す方法

人にいろいろと相談するのも面倒だし、もっとカンタンに受け入れ施設を探したいという方もいることでしょう。

 

そんな時におススメなのが、無料で老人ホームの検索・比較ができる【探しっくす】というサービスです。

 

「地域」と「予算」だけ入力すれば、ピッタリの老人ホームが探せますし、無料なので安心して比較ができます。

 

無料の一括資料請求もできますので、気に入った老人ホームをしっかり確認したい場合にも頼りになりますよ。

 

一人で考え込まずに、まずは探しっくすで無料検索してみてくださいね。

 

「探しっくす」 有料老人ホーム検索サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク