認知症の人の施設の探し方はどうしたら良いの?

認知症で自宅での生活が困難になった場合、施設への入所を検討する必要性が出てくるでしょう。

 

「自分の親だからやらなくっちゃ」

 

・・・という気持ちで介護をなさっていた方でも、ご自身の限界を超える介護は、認知症になったご本人と共倒れになってしま可能性があります。

 

もう限界かもしれないと思う前に、いろいろなリサーチをしておくことが大切です。

 

では、認知症の人が利用できる施設の探し方は、どのようにすればよいのでしょうか?

 

今回は、認知症になった方を受け入れてくれる「施設の探し方」についてお伝えします。

認知症の人を受け入れてくれる施設の探し方

まずは、認知症の人が利用できる施設の種類を見てみましょう。

 

認知症の人が介護保険で利用できる施設

 

  1. グループホーム:認知症対応型共同生活介護
  2. 老健(ろうけん):介護老人保健施設
  3. 特老(とくろう):介護老人福祉施設
  4. 療養(りょうよう):介護療養型医療施設

 

認知症の人が利用できる民間の施設

 

  1. サ高住:サービス付き高齢者向け住宅
  2. 有料老人ホーム
  3. ケアハウス:軽費老人ホーム

 

認知症の人を受け入れてくれる施設は、たくさんあります。

 

民間の施設の場合、入居条件やサービス内容が施設ごとに違いますので注意しましょう。

 

認知症の人の施設を探す時には、地域包括支援センターや役所の介護保険課、福祉課、福祉協議会などが相談に乗ってくれます。

 

一人で探すよりも効果的ですから、是非相談してみましょう。

認知症の人を受け入れてくれる施設を探す際の注意点

認知症の人を受け入れてくれる施設を探す際には、次の点に注意しましょう。

 

  • 入所(入居)費用
  • 食費や介護サービスの費用
  • 明記されていない雑費はどの位か
  • 介護認定の必要性と介護度
  • その認知症の人が生活する上で、どんなことに支援が必要か把握しておく
  • どのように医療機関を受診するか
  • 認知症の人がどのような状態になったら退所(退居)しなければならないか
  • どのような介護サービスを受けられるか

 

介護保険を利用する施設でも、民間の施設でも、「全てをうまく取り計らってくれる施設」はありません。

 

施設の規定や入所(入居)条件があり、施設職員の人数にも限りがあります。

 

認知症の人がどのような生活や介護を望み必要とするかによって、選ぶ基準が異なります。

 

それらをはっきりさせておくことが、認知症の人の施設を探す際に大切です。

 

認知症の人の施設を探す際には、実際にどのくらいの費用が必要かを知ることも大切です。

 

入所(入居)費用の他にも、食費や介護サービスに必要な費用が、別に加算される施設があります。

 

衣服の洗濯代やティッシュペーパー・オムツなどの生活雑費が別料金の施設もあります。

 

これらを踏まえておかないと、入所(入居)後の費用が払えないなどのトラブルになりかねません。

 

認知症の人が生活する上で、施設の入所(入居)が必要になることは容易に想定されます。

 

初期の頃から情報を得たり、ケアマネージャーなどに相談しましょう。

認知症の人が入れる施設を、無料でカンタンに探せる方法は?

実際のところ、認知症の方が入れる施設を自分で探すとなると、とにかく大変だということに気づかされます。

 

私も、経験者なので、痛いほどよく分かりますが、

 

  • 認知症の人の受け入れ体制があるのか?
  • 費用はどれ位かかるのか?
  • 通える距離に老人ホームがあるのか?

 

などなど、いろいろ疑問や不安が出てくることでしょう。

 

そんな時におススメなのが、無料で老人ホームの検索・比較ができる【探しっくす】というサービスです。

 

「地域」「予算」だけ入力すれば、ピッタリの老人ホームが探せますし、無料なので安心して比較ができます。

 

一括資料請求も無料で出来ますので、気に入った老人ホームをしっかり確認したい場合にも頼りになりますよ。

 

一人で考え込まずに、まずは探しっくすで無料検索してみてくださいね。

 

「探しっくす」 有料老人ホーム検索サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク