認知症の人も利用できる「特養」について

認知症の人の介護は、365日休みがありませんね。

 

家族ががんばりすぎて体調を崩してしまうと、認知症の人の生活も立ち行かなくなってしまいます。

 

認知症が軽度の時から「特養(特別養護老人ホーム)」を利用しておくと、認知症の人にも家族にもメリットがあります。

 

今回は、認知症の人も利用できる「特養」について説明します。

介護施設「特養」とは?

あらためてご説明しますと、特養とは「特別養護老人ホーム」の略称です。

 

経営母体は「社会福祉法人」で、都道府県から指定を受けている介護保険の「介護老人福祉施設」です。

 

平成26年度の時点で、特養は全国に7,982施設あります。

 

特養を利用できるのは、介護保険の「介護認定」を受けている人に限られます。

 

特養の利用の仕方には、デイサービス・ショートステイ・入所の3つがあります。

 

デイサービスは、施設に通うサービスで、週1回から利用できます。

 

ショートステイは1カ月間に連続で30日を超えない日数で施設に泊まるサービスです。

 

認知症の人が入所できる特養 入所の可否と費用について

 

特養は入所期間に制限が無く「終の棲家」となること、月額8~15万円(介護度により変動)で利用できることにより、なかなか入所できないという現状があります。

 

特養に入所できるのは、介護保険で「要介護1以上」の人ですが、平成27年4月以後の新規の入所申し込みは、「要介護3以上」の人となります。(※例外となるケースあり)

 

認知症が軽度のうちから「特養のデイサービス」を利用しておくと、認知症の人とスタッフが顔なじみになれます。

 

そうすると、ショートステイや入所をしても、認知症の人の混乱が少なくなる可能性がありますので、おススメの入り方の一つです。

特養を受けることが難しい場合は?

特養はありがたい制度ですが、なかなか入所できないというのが難点です。

 

そんな時には、有料老人ホームを探してみるのも良い選択の一つです。

 

しかし、実際に老人ホームを探すとなると・・・

 

  • 認知症の人の受け入れ体制があるのか?
  • 費用はどれ位かかるのか?
  • 通える距離に老人ホームがあるのか?

 

などなど、いろいろ疑問や不安が出てくることでしょう。

 

そんな時におススメなのが、無料で老人ホームの検索・比較ができる【探しっくす】というサービスです。

 

「地域」と「予算」だけ入力すれば、ピッタリの老人ホームが探せますし、無料なので安心して比較ができます。

 

無料の一括資料請求もできますので、気に入った老人ホームをしっかり確認したい場合にも頼りになりますよ。

 

一人で考え込まずに、まずは探しっくすで無料検索してみてくださいね。

 

「探しっくす」 有料老人ホーム検索サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク