認知症のバリデーション療法について

認知症 バリデーション療法

 

認知症のバリデーション療法という方法があります。

 

まず、認知症に対して云々という以前に「バリデーション」という言葉に、なじみが無い方も多いのではないでしょうか?

 

バリデーションとは、工業的な部品や機械、ソフトウエアなどが適切であるかを検証する方法です。

 

しかし、認知症のバリデーション療法は「認知症の適切さを検証すること」ではありません。

 

強いて言えば、認知症の人に適切に接する方法論でしょうか。

 

今回は、認知症に効果的なバリデーションについてお伝えします。

認知症のバリデーション療法とは?

認知症のバリデーション療法について詳しくご説明しましょう。

 

バリデーション(validation)とは、妥当であると検証することと訳されます。

 

アメリカで発祥した、認知症の介護方法のひとつです。

 

バリデーション療法は、認知症の人の感情に寄り添って共感しながら、コミュニケーションをとる介護方法です。

 

バリデーションの基本的態度

 

(1)傾聴

 

認知症の人の話に相づちを打つだけでなく、認知症の人に見えたり聞こえたりしている世界を教えてもらう

 

(2)ごまかさない

 

うわべだけで話を合わせたり、話題をそらしたりしない

 

(3)共感

 

認知症の人が悲しんでいたら一緒に悲しむなど、同じ態度をとる

 

(4)評価しない

 

認知症の人の言動には、本人なりの意味があるととらえる

 

接する人が「興奮しているだけ」「不穏な状態なだけ」などと評価しない

 

(5)誘導しない

 

認知症の人がしたくないことを尊重する

認知症バリデーションの効果と実践方法

バリデーションは、認知症の人の家族・医療従事者・介護スタッフなど、誰にでも実践できる介護方法です。

 

「公認日本バリデーション協会」では、バリデーションの普及やバリデーション技術のトレーニングを行っています。

 

認知症のバリデーションの実践方法

 

  1. 認知症の人に接する人自身が落ち着き集中する(センタリング)
  2. 認知症の人の正面から目を見つめる(アイコンタクト)
  3. 認知症の人のことばを繰り返す(リフレージング)
  4. 認知症の人が、怒っているなら低めの声で、悲しんでいるなら悲しそうな口調で、表情などを映す鏡になる(ミラーリング)
  5. 共感を持って接する(カリブレーション)
  6. 優しく触れる(タッチング)

 

触れ方(タッチング)の種類:話の内容にそった触れ方をする

 

  1. 友だち:認知症の人の両肩を包み込むように触れる方法
  2. 父親:認知症の人の後頭部を上から首筋に向かってなでる
  3. 母親:認知症の人のほほを包み込むようになでる
  4. 子供:子供が母親の首筋に抱きつくようになでる

 

バリデーションで認知症の人に接した結果、「認知症の人に寄り添いたいという気持ちが高まった」「介護者自身も変わった」「普遍的なことだと思った」などの感想が聞かれます。

 

バリデーションは、認知症の人と介護する人が、分かりあえる介護方法といえるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク