認知症は脱水になると悪化する?

スポンサードリンク

認知症は脱水になると悪化するのか?

認知症 脱水

 

認知症であるなしにかかわらず、暑い季節になると、いたるところで脱水症の注意喚起がありますよね。

 

脱水とは、水分や電解質などの体液が著しく不足した状態です。

 

軽度の脱水は、身体の体液が体重の約3~5%減少した状態です。

 

重度の場合は、体重の約10%以上が減少した状態を指します。

 

実は、脱水は暑い季節だけではなく、1年を通して気を付けなければならない症状です。

 

まして認知症の方にとって、脱水は生命の危険を及ぼしかねない恐ろしい症状といえるでしょう。

 

ここでは、認知症と脱水の関係性についてご説明します。

認知症で脱水が危険な理由とは?

高齢になると水分の保水能力が弱まるため、発汗や浸出液、下痢や食欲不振などですぐに脱水状態になってしまいます。

 

特に認知症の方は、ご自分の不快・不調といった身体感覚への反応が低下しており、適切に対処できないことがあります。

 

または、認知症の方が脱水に陥って、ご自分の状態に気がついていても、症状を言葉にして訴えることができない場合もあります。

 

周囲の介護者などが脱水に気がついたときには、深刻な状況になっていることも珍しくありません。

 

そして、認知症の方が脱水症状を訴えることができなくても、脱水による生理的状態の変化によって、認知症は確実に悪化します。

 

認知症の方が大きな声で叫ぶ、介護者に対して暴力的な態度をとるなどの不穏な行動が、脱水による便秘が原因の場合があります。

 

また、脱水はせん妄を引き起こす要因となります。

 

せん妄とは、軽度の意識障害が基となって起こる、錯視(実際の事物を見誤る)や幻視を伴う興奮状態です。

 

では、認知症の方の脱水をどのように予防すればいいのか、その対応についてご説明します。

認知症の脱水を予防しよう!

認知症の方が脱水になると、恐ろしい状態になることは理解していただけたと思います。

 

では、脱水を予防するために介護者はどんなことに配慮すればよいかお伝えします。

 

脱水の予防は水分をとることです。

 

まず、認知症の方の水分摂取量を把握してください。

 

1日にどれくらいの水分を摂取しておられるか、情報収集することが予防の第一歩です。

 

食事やおやつ、服薬時にさりげなく様子を見てみましょう。

 

個人差はありますが、1日1,500ml以上の水分をとるようにしてください。

 

ただし、循環器疾患などで水分制限がある方は、医師と相談し水分制限量を守ってください。

 

特に、スポーツドリンクや経口補水液には電解質が含まれているので、脱水の予防に効果的です。

 

認知症の方のなかには、排泄の失敗を恐れて、水分をとることを嫌がる場合もあります。

 

そのときは、スポーツドリンクやジュースを使って、ゼリーや寒天を作成してはどうでしょうか。喜んで召し上がってくださることが多いものです。

 

次に、見逃してはならないのは、脱水の初期症状です。

 

脱水の初期症状とは、以下のような状態です。

 

  1. 食欲がない
  2. 微熱がある
  3. 尿量が少ない、もしくはいつもより濃い色をしている
  4. 便秘が続いている
  5. 皮膚が乾燥している
  6. 腋の下が乾いている

 

ひとつでも該当する症状があれば、脱水の初期症状だと考えて、水分をとっていただくことをお勧めします。

 

口の中が乾いている、意識がはっきりしないなどの症状があれば、重症の脱水の恐れがありますので、医療機関を受診してください。

 

介護者は、認知症の方の最も近くにいて、最もその症状を発見しやすい立場にあります。

 

認知症の方としっかり向き合い、脱水を予防してくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

空腹
認知症になった方が空腹を訴えることは多いと言えます。これは記憶障害や見当識障害などによるものです。認知症と空腹についてご説明します。
叫ぶ
認知症になった方が夜中に叫ぶなどということはよくあることです。叫ぶのは認知症の周辺症状による可能性があります。ここでは認知症の人が叫ぶという問題についてご説明します。
独り言
認知症になった方が独り言をぶつぶつ言うというのはよくあるケースです。実は独り言にも問題が有るものと無いものがあります。ここでは認知症と独り言の関係について説明します。
奇声
認知症の方が奇声をあげるというのはよくあるケースです。ここでは、認知症の方が奇声をあげる原因や症状、対策についてご説明します。
意欲低下
認知症の症状の一つとして意欲低下を起こすことがあります。認知症と意欲低下との関係についてご説明します。
てんかん
認知症の合併症で、てんかんの発症があるということをご存知でしたか?ここでは認知症とてんかんとの関係についてご説明します。
転倒
認知症は転倒をキッカケになってしまう方がいらっしゃいます。逆に転倒したことで認知症になったことに気づくこともあります。認知症と転倒の関係についてご説明します。
思い込み
認知症になったことで思い込みが極端に激しくなるケースがあります。ここでは認知症と思い込みの関係について書いて行きます。
お金
認知症の方がお金を盗られたと騒ぐケースがあります。ここでは認知症とお金の「もの盗られ妄想」について書いて行きます。
入浴拒否
認知症の人が入浴拒否したら、どうしたら良いのでしょうか?ここでは認知症の人が入浴を拒否する理由や、その対処法についてご説明します。
暴力
認知症の人の暴力で悩まされてしまう方は結構いらっしゃいます。ここでは認知症による暴言・暴力についての対処法についてご説明します。
異食行為
認知症の人の異食行為に悩んでいる方も多いことでしょう。ここでは認知症による異食行為についての対処法についてご説明します。
繰り返し
認知症の人から同じ話を繰り返しされて疲れてしまう方も多いことでしょう。ここでは認知症の人が同じ話を繰り返してしまう原因や対処法についてご説明します。
運転免許
認知症の人の運転免許についてはかなり社会問題化していると言えるでしょう。ここでは認知症と運転免許の問題について書いて行きます。
尿失禁
認知症による尿失禁は自宅で介護することを困難にする問題の一つです。ここでは認知症の人の尿失禁とその原因や対策についてご説明します。
常同行動
認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは認知症の常同行動についてご説明します。
妄想
認知症の困った症状の1つに妄想があります。ここでは認知症による妄想についてご説明します。
病院に連れて行くには?
家族が認知症かも?と思った時、ご本人への切り出し方が分からず病院に連れていけない方も多いようです。ここでは認知症の疑いのある家族を病院に連れて行くためには?についてご説明します。
薬を飲まない
認知症の薬を、認知症である本人が飲まないというケースがあります。今回は、認知症の方が薬を飲まない時の対処法などをお伝えします。
記憶障害と健忘
認知症の症状の一つに記憶障害がありますが、健忘とは実は似て異なるものです。ここでは認知症の症状「記憶障害」についてご説明します。
睡眠障害
認知症の良く見られる症状の一つに睡眠障害があります。ここでは認知症の症状「睡眠障害」についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つに「寝言」があります。ここでは認知症の症状「寝言」の原因や対処方法についてご説明します。
寝たきり
認知症の方が寝たきりになるというケースは珍しくないことと言えます。ここでは認知症の方が寝たきりになる原因や対処法についてご説明します。
万引き
高齢者が万引きを繰り返すことから認知症が発覚することがあります。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
帰宅願望
認知症の人が施設や病院で過ごしているときに問題となるのが「帰宅願望」です。ここでは認知症と帰宅願望についてご説明します。
テレビ
認知症の人にテレビを見せると「脳が活性化する」という意見と、「脳が受け身になる」とする意見があります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
併発
認知症に併発して起こる病気にはさまざまなものがあります。ここでは認知症に併発して起きる病気について、いくつか例を挙げながらご説明します。
偏食
認知症の発症率が偏食の人とそうでない人とはちがうと言われています。今回は、認知症予防と偏食の関係についてご説明します。
味覚
認知症の困った症状の一つに味覚の異常が挙げられます。ここでは、認知症の味覚の障害と対処法について説明します。
嗅覚
認知症によって嗅覚が悪くなることがあります。ここでは認知症による嗅覚異常についてご説明します。
食べない
認知症の方が食事を食べないというケースに出くわすことがあります。ここでは、認知症の方が食べない理由や症状、解決法についてご説明します。
弄便(ろうべん)
認知症の困った症状の一つにろうべん(弄便)が挙げられます。ここでは、認知症のろうべん(弄便)と対処法について説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つに徘徊が挙げられます。ここでは、認知症の徘徊と対処法について説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つに歩行障害が挙げられます。ここでは、認知症の歩行障害、その対処法について説明します。
空間認識
認知症によって起こる困った障害の一つに空間認識障害があります。空間認識が犯されると自宅でもトイレの場所が分からない等の症状が現れます。ここでは認知症と空間認識についてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるという話はよく聞きますよね。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴にはどのような関係があるのでしょうか?ここでは認知症と難聴との関係性についてご説明します。
同じ話
認知症の人が同じ話をするのはナゼなのでしょうか?ここでは認知症の人が同じ話をする原因や対処法についてご説明します。
痴呆症
認知症と痴呆症という言葉の違いをご存知ですか?ここでは誤解されやすい認知症と痴呆症についてご説明します。
統合失調症
認知症と統合失調症の違いをご存知ですか?ここでは誤解されやすい認知症と統合失調症との違いについてご説明します。
被害妄想
認知症の方が被害妄想になって悩む介護者は多いかと思います。ここでは認知症による被害妄想についてご説明します。
キレる
認知症になった方がキレるという症状があります。ここでは認知症の患者がキレるということについてご説明していきます。
易怒性
認知症になった方の易怒性という言葉があります。。ここでは認知症になった方の易怒性についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の人がずっとしゃべるのはナゼなのでしょうか?ここでは認知症の人がずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
無気力
認知症で無気力になるというのはよくある症状の一つです。ここでは認知症の方が無気力になる原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
高齢者の一人暮らしは、認知症の発見が遅れてしまうなどの様々な問題を抱えていると言えます。ここでは認知症と一人暮らしについてご説明しましょう。
服装
認知症になった方の服装について悩むことは多いです。ここでは認知症になった方の服装の事についてご説明します。
物を集める
認知症になった方がやたらと物を集めるというのはよくある症状です。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症になった方が迷子になってしまうのはよくあるケースですね。ここでは認知症の方が迷子になってしまう原因や対処法についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で口に溜め込む老人がいるのはなぜなのでしょうか?ここでは認知症の方が食べ物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
物を壊す
認知症で物を壊すということはよくあるケースと言えます。ここでは認知症で物を壊す場合の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
認知症で昼夜逆転してしまうケースがあります。ここではそんな認知症で昼夜逆転となる場合の原因や対処法についてご説明します。
日内変動
認知症で日内変動という症状があります。ここでは認知症による日内変動という症状の原因や対処法についてご説明します。
金銭管理
認知症で金銭管理ができなくなるという症状があります。ここでは認知症で金銭管理ができなくなった場合の原因や対処法についてご説明します。
せん妄
認知症と間違われやすい症状に「せん妄」があります。ここでは、認知症とせん妄の違い、その原因や対処法についてご説明します。
ピック病
認知症の症状も起こす「ピック病」をご存知ですか?ここでは、認知症とピック病について、その原因や対処法についてご説明します。
注意障害
認知症による注意障害という症状をご存知でしょうか?ここでは、認知症の注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症による見当識障害という症状をご存知でしょうか?ここでは、認知症の見当識障害についてご説明します。
嚥下障害
認知症による嚥下障害という症状をご存知でしょうか?ここでは、認知症の嚥下障害についてご説明します。
波がある
認知症の症状には波があるというのはどういうことでしょうか?ここでは、認知症に波がある場合の原因や対処法についてご説明します。
勝手に買い物
認知症の人が勝手に買い物をしてしまうのは何故なのでしょうか?トラブルの多い認知症の人の勝手な買い物についてご説明します。
急に出始めた
認知症が急に出始めることってあるのでしょうか?ここでは、認知症が急に出始めることがあるのかどうなのかについて具体的にご説明します。
スマホ認知症
スマホ認知症という言葉をご存じでしょうか?スマホを使用していると認知症になるとなんて本当だとしたら驚きです。ここでは、スマホ認知症について具体的にご説明します。