認知症で空腹をいつも訴える人が多いのはナゼか?

認知症 空腹の訴え

 

認知症の人はいつも「空腹」を訴えていると思いませんか?

 

さっき食べたはずの食事を、食べていないということ等も多いですね。

 

認知症の人が空腹をいつも訴えるのは、記憶障害や見当識障害と不安感によるものです。

 

いつも空腹だと言い張る認知症患者には、上手に対応すると、ご本人を怒らせないでやり過ごせますよ。

認知症の人が空腹を訴えているけど食事はしたばかりというケース

認知症の人が食事をしたばかりなのに、介護者に食べていないと空腹を言い張ることはよくあります。

 

これは、脳の障害により、満腹と感じる能力が低下しているためかも知れません。

 

また、認知症の方が空腹を訴える場合、食べたことそのものを忘れてしまう、不安で何かを訴えたいなどの場合もあるでしょう。

 

実際、私の周りでは、認知症の人が空腹で、知らない間に炊飯器に入っていたご飯を全て食べてしまったという話も聞きます。

 

どのくらい食べたのか定かではありませんが、体調を崩すことはなかったということで、ホッとされていました。

 

普段は、嫁に介護されている認知症の人が、実の子の訪問時に「空腹なのに食べさせてくれない」と言い、トラブルになるケースもあります。

認知症の人が空腹を訴える時の上手な対応

認知症の人が男性の場合、消化の良いものだと空腹を感じやすいかもしれません。

 

そんな時には、肉料理や植物性の油を使う料理など、家族と同じボリュームのあるメニューにしてみましょう。

 

食べにくい場合は、小さく切るなどの工夫をすれば大丈夫です。

 

認知症の方は、空腹だと言っていても、目の前に食べ物があれば気が済むという場合もありますので、せんべいやビスケットなどを少量置いてみましょう。

 

先ほど食べたばかりというタイミングで空腹を訴えるなら、「今から作りますから、お茶を飲んで待っていてください。」と言ってみましょう。

 

どんな場合にも重要なことは、「さっきたべたでしょ!」と、認知症の方の空腹を否定しないことです。

 

認知症の場合、いくら理屈を言われても理解しませんが、嫌な感情は覚えているので、「嫁は食べさせてくれない」という事態になりかねません。

 

認知症の症状の一つとして、散歩に誘ったり違うことに注意を向けたりすると、空腹の訴えを忘れる場合もあります。

 

認知症の人に悪い感情が残ると、その後の介護が難しくなります。

 

何度も空腹を訴える認知症患者に対して、介護者は、名俳優・名女優になって対応してください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク