認知症種類 アルツハイマー型認知症

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症は自分にも起きる?

アルツハイマー型認知症

 

アルツハイマー型認知症は、誰にでも起きる病気なのでしょうか?

 

最近は、SNSの書き込みなどで、アルツハイマー型認知症について、こんな風な書き込み(ご相談?)が多いように感じます。

 

「最近、物忘れが激しいのですが、これはアルツハイマーでしょうか?」

 

医療従事者からみると、それは違うと思うことも多いのですが、そのくらい「物忘れ=アルツハイマー」と定着しているということでしょう。

 

ここでは、そんなアルツハイマー型認知症についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の原因と特徴

アルツハイマー型認知症の原因は、脳の細胞にβアミロイドという物質が蓄積して、細胞が変性するために起こります。

 

アルツハイマー型認知症は、早い場合では40歳頃から起こりますが、その進行はゆっくりであるために、症状として現れるのは5年~10年後といわれています。

 

アルツハイマー型認知症の物忘れの特徴は、エピソードそのものを忘れることです。

 

たとえば、1時間前に食事をしたことを、忘れてしまします。

 

また、最近のことは忘れますが、昔のことはよく覚えているというのも特徴の一つです。

 

アルツハイマー型認知症になると、時間や場所が分からなくなることや、物事を計画して遂行することも困難になります。

アルツハイマー型認知症の診断基準は?

アルツハイマー型認知症の100%の診断をくだすためには、脳細胞をスライスして顕微鏡で見なければなりません。

 

もちろん、そんな事は生きている人には出来ませんから、MRIや認知機能テスト・知能検査をして診断します。

 

MRI画像では、脳の委縮(小さくなること)が見られ、特に海馬(かいば)という部分の委縮が強いことが特徴です

 

アルツハイマー型認知症の初期の場合には、脳の委縮がはっきりとしません。

 

その場合には、SPECTやPETという特別なCT検査を受けます。

 

これらの検査で、脳の血流が良い部分と悪い部分が分かるので、認知症の早期発見に役立ちます。

 

アルツハイマー型認知症を疑うなら、専門医の診断を受けることが大切です。

 

なぜなら、早期に発見すれば、進行を遅らせる薬や対処方法をキチンと相談できるからです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事と広告

関連ページ

脳血管性
認知症は、代表的なもので大きく4つのタイプに分けられます。ここでは代表的な認知症の一つ脳血管性認知症についてご説明します。
前頭側頭型
認知症は、代表的なもので大きく4つのタイプに分けられます。ここでは代表的な認知症の一つ前頭側頭型認知症についてご説明します。
レビー小体型
認知症は、代表的なもので大きく4つのタイプに分けられます。ここでは代表的な認知症の一つレビー小体型認知症についてご説明します。